関連資料・リリース情報

【期間限定】職場で化学物質を安全に取り扱うために「社内安全衛生教育用動画 eラーニング」特設サイトを公開

職場で化学物質を安全に取り扱うために「社内安全衛生教育用動画eラーニング」特設サイト

 厚生労働省では、ラベル・SDS・リスクアセスメントの普及啓発や労働者教育の促進を図ることにより、事業場における化学物質管理の取り組みを支援する各種業務を実施しています。

 このたび、事業場における化学物質管理に関して理解しておくべき事項を説明するeラーニング(試行版)を期間限定で公表しました。

 ■対象:化学物質の取り扱うすべての労働者の方々向けです。なお、教育資料4,5,8は化学物質管理者、職長など中級、上級者の方向けです。

 ■プログラム:
 【教育資料01】『職場で化学物質を安全に取り扱うために!』
 【教育資料02】『化学物質の危険有害性とは! ―ラベルの見方、絵表示の意味―』
 【教育資料03】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―ラベルの内容から対策を検討する―』
 【教育資料04】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―SDSの読み方-』
 【教育資料05】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―法規制と危険有害性-』
 【教育資料06】『化学物質による健康障害防止の基本』
 【教育資料07】『物理化学的危険性(爆発・火災)による事故防止の基本』
 【教育資料08】『リスクアセスメント事例と災害対策事例』

 ■開催期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)まで

(厚生労働省/2021年12月)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年05月15日
労働安全衛生法に基づく一般健康診断の検査項目等に関する検討会 第3回資料
2024年05月13日
日本産業保健法学会「広報 on HP」(第21号・第22号・特別号)
2024年05月08日
化学物質管理強調月間を創設します~厚生労働省と環境省が連携し事業場の化学物質管理の取り組みを促進~
2024年05月08日
【動画】自分でできる熱中症予防
2024年05月08日
日本の都市圏における熱中症搬送者数は2040年に2倍の可能性 ~人口減にもかかわらず、高温化、高齢化で搬送者数の増加~

「産業保健」に関するニュース

2024年05月16日
「孤独・孤立対策推進法」 4月から施行 実態調査でもいまだに4割近くが「孤独感」を感じる
2024年05月14日
エレベーターは寿命を短くする 階段の上り下りで心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 簡単に取り入れられる「運動のおやつ」
2024年05月14日
若い頃の運動不足は中年になってから健康・労働力の低下に影響 若いうちにこそ身につけたい運動習慣
2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年05月13日
【フレイル予防】肥満とフレイルのある高齢者は死亡リスクが高い やせすぎの人にもリスクが 3つの質問で転倒・骨折のリスクが分かる
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶