関連資料・リリース情報

【期間限定】職場で化学物質を安全に取り扱うために「社内安全衛生教育用動画 eラーニング」特設サイトを公開

職場で化学物質を安全に取り扱うために「社内安全衛生教育用動画eラーニング」特設サイト

 厚生労働省では、ラベル・SDS・リスクアセスメントの普及啓発や労働者教育の促進を図ることにより、事業場における化学物質管理の取り組みを支援する各種業務を実施しています。

 このたび、事業場における化学物質管理に関して理解しておくべき事項を説明するeラーニング(試行版)を期間限定で公表しました。

 ■対象:化学物質の取り扱うすべての労働者の方々向けです。なお、教育資料4,5,8は化学物質管理者、職長など中級、上級者の方向けです。

 ■プログラム:
 【教育資料01】『職場で化学物質を安全に取り扱うために!』
 【教育資料02】『化学物質の危険有害性とは! ―ラベルの見方、絵表示の意味―』
 【教育資料03】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―ラベルの内容から対策を検討する―』
 【教育資料04】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―SDSの読み方-』
 【教育資料05】『職場での適切な化学物質取扱い方法について ―法規制と危険有害性-』
 【教育資料06】『化学物質による健康障害防止の基本』
 【教育資料07】『物理化学的危険性(爆発・火災)による事故防止の基本』
 【教育資料08】『リスクアセスメント事例と災害対策事例』

 ■開催期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)まで

(厚生労働省/2021年12月)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月25日
【動画公開】第302回「職域でのアルコール問題対策―『減酒』から『断酒』まで幅広く支援する」
2022年01月21日
女性活躍・両立支援に積極的に取り組む企業の事例集
2022年01月18日
エイジフレンドリー職場
2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表

「産業保健」に関するニュース

2022年01月25日
【新型コロナ】家に引きこもりテレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 立ち上がって運動を
2022年01月25日
【新型コロナ】妊婦の感染は重症化しやすい? 妊婦のCOVID-19患者の疫学的・臨床的な特徴を解明
2022年01月24日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「すぐに接種を」
2022年01月24日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月24日
【新型コロナ】電子タバコを吸う人は新型コロナが重症化しやすい 電子タバコによる肺の炎症が全身に影響

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶