関連資料・リリース情報

令和2年度地域保健・健康増進事業報告の概況

令和2年度地域保健・健康増進事業報告の概況

 「地域保健・健康増進事業報告」は、地域住民の健康の保持および増進を目的とした地域の特性に応じた保健施策の展開等を、実施主体である保健所および市区町村ごとに把握し、国および地方公共団体の地域保健施策の効率的・効果的な推進のための基礎資料を得ることを目的としています。このほど最新版の概況が公開されました。

 令和2年度末現在の保健所および市区町村の地域保健事業に関わる常勤職員の配置状況をみると、「保健師」27,298人が最も多く(前年比:386人増)、次いで「管理栄養士」3,984人(同:333名増)となっています。人口10万人あたりの常勤保健師の配置状況をみると、「全国」では21.6人で、都道府県別にみると、「島根県」が46.8人と最も多く、次いで「高知県」40.2人、「長野県」37.2人となっています。

(厚生労働省/2022年 3月30日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年08月04日
周知「感染拡大に対応する都道府県への支援等及び医療機関・保健所からの証明 書等の取得に対する配慮について」
2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年08月01日
令和3年簡易生命表の概況
2022年07月29日
子供・若者インデックスボードver.3.0
2022年07月21日
効果的に感染拡大を防止しながら社会経済活動を維持していくための検査の活用について/感染拡大防止のための効果的な換気について

「地域保健」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶