関連資料・リリース情報

受診率45.5%! 令和3年度 ナッジを活用した大腸がん検診(モデル事業)報告

受診率45.5%! 令和3年度 ナッジを活用した大腸がん検診(モデル事業)報告

 大阪市健康局では、同市が取り扱うがん(胃・大腸・肺・子宮・乳など)検診の中で、男女とも受診率が最も低い大腸がん検診について、ナッジを活用したモデル事業を実施しました。

 本事業は、不定期受診層に対して、自宅に検査キットを送付、検査キットを受け取った方は予約不要で近隣特設会場等で検体を提出できるという仕組みの検診です。

(大阪市/2022年 4月20日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年05月20日
日本看護協会が研修ポータルサイトをリニューアル!実践に役立つ研修情報を掲載中
2022年05月19日
子どもを亡くした家族へのグリーフケアに関する調査報告書
2022年05月16日
「成育こどもシンクタンク」ホームページ公開
2022年05月16日
WHO身体活動および座位行動に関するガイドライン
2022年05月12日
健康日本21推進全国連絡協議会 第24回総会 講演抄録

「地域保健」に関するニュース

2022年05月17日
6.5%の児童が「家族の世話」、学業や生活に影響も ヤングケアラーの実態に関する調査結果
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
日本人の「フードリテラシー」を調査 食の価値観・知識・技術に男女で大きな差 世代間でも価値観に違いが
2022年05月13日
勤務問題で自殺する人が近年増加傾向に 子ども・若者、女性の自殺者数増加が喫緊の課題
2022年05月13日
約4割が「健康診断結果の措置に関する説明力が向上」 令和3年度産業保健活動総合支援事業の報告書を公表

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶