関連資料・リリース情報

第1回健康づくりのための睡眠指針の改訂に関する検討会

第1回健康づくりのための睡眠指針の改訂に関する検討会

 睡眠分野における国民の健康づくりのための取組については、平成15年度に「健康づくりのための睡眠指針~快適な睡眠のための7箇条~」を策定した。平成26年度にはこの指針の改訂を行い「健康づくりのための睡眠指針2014」を策定した。健康日本 21及び健康日本21(第二次)においても、睡眠に関する具体的な目標項目を設定し、睡眠に関する普及啓発等に取り組んできたところである。

 健康づくりのための睡眠指針2014の策定から9年が経過し、睡眠に関する科学的知見が蓄積されつつある。一方で、健康日本21(第二次)の最終評価においては、「睡眠による休養を十分にとれていない者の割合の減少」は悪化傾向であることが示されており、睡眠の意義や重要性を広く国民に周知啓発していく必要がある。加えて、健康日本21(第三次)においては、「睡眠の量」を図るものとして、「睡眠時間が十分に確保できている者の増加」という目標が追加されることとなったが、より実効性のある取組(Implementation)を重視する健康日本21(第三次)における睡眠分野に係る取組のあり方を検討する必要がある。

 こうした状況を踏まえ、新たな科学的知見に基づき健康づくりのための睡眠指針2014を見直し、健康日本21(第三次)における睡眠分野の取組推進に資するものとすることを目的とし、厚生労働省健康局長の下、有識者の参集を求め、所要の検討を行う。

<「開催要項:目的」より>

(厚生労働省/2023年 7月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年07月12日
令和6年度院内感染対策講習会
2024年07月11日
【インフォグラフ】女性のIT産業就労者においては、セクハラ対策が重要
2024年07月11日
2023(令和5)年 国民生活基礎調査の概況
2024年07月10日
HPVワクチン「キャッチアップ接種」全国7大学での周知キャンペーンを7月5日から開始
2024年07月10日
第97回日本産業衛生学会報告:「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年07月11日
令和5年度「職場のハラスメントに関する実態調査」より 相談内容はパワハラが最多、パワハラ経験率が高いのは管理職
2024年06月26日
特定健診58.1%、特定保健指導26.5% 実施率過去最高に -2022年度の特定健診・特定保健指導実施状況より
2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月18日
令和4年度 健保組合医療費、対前年比6.5%増―1人当たりの医療費の伸び率、「新型コロナ関連等」が110%
2024年04月18日
人口10万人あたりの「常勤保健師の配置状況」最多は島根県 「令和4年度地域保健・健康増進事業の報告」より
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶