関連資料・リリース情報

令和4年「派遣労働者実態調査」の結果

令和4年「派遣労働者実態調査」の結果

 このたび厚生労働省は、令和4年「派遣労働者実態調査」の結果を取りまとめ、公開しました。本調査では派遣労働者実態調査」は、派遣労働者の就業実態及び事業所における派遣労働者の受け入れ状況等を把握することを目的としています。
 今回の調査は、5人以上の常用労働者を雇用する事業所から約 17,000か所と、そこで働く派遣労働者から約 11,000 人を無作為抽出し、令和4年10月1日現在の状況について実施したもの。

【調査結果のポイント】
〔事業所調査〕
1.派遣労働者の就業状況
派遣労働者が就業している事業所は全体の 12.3%となっている。

2.教育訓練・能力開発の実施状況
就業している派遣労働者に対して、過去1年間(令和3年 10 月~4年9月)に、教育訓練・能力開発を行った事業所の割合は 69.7%となっている。

3.個人単位の期間制限に達した派遣労働者の有無
過去1年間に同一の組織単位での派遣就業期間が個人単位の期間制限(3年)に到達した派遣労働者がいた事業所の割合は 24.6%となっている。

〔派遣労働者調査〕
1.年齢
年齢階級別にみると、「45~49 歳」、「50~54 歳」がともに 15.8%と最も高くなっており、平均年齢は 44.3 歳となっている。

2 派遣業務別割合
現在行っている派遣業務は「一般事務」が 35.2%と最も高くなっている。

3 派遣元との労働契約の期間
「期間の定めはない」が 38.4%と最も高くなっている。

4.賃金
賃金(基本給、税込みの時間給換算額)を賃金階級別にみると、「1,250 円~1,500 円未満」が 27.8%と最も高くなっている。「平均賃金」は 1,510 円となっている。

5.今後の働き方の希望
「派遣労働者として働きたい」が 34.2%、「派遣労働者以外の就業形態で働きたい」が 37.0%となっている。

(厚生労働省/2023年11月24日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年02月22日
「ヤングケアラーのひろば」(ベータ版)を公開
2024年02月20日
厚生労働省「女性の健康週間」特設Webコンテンツ元体操選手 田中理恵さん・能瀬さやか先生と一緒に考える~自分のからだと向き合う、適正体重の大切さ~
2024年02月19日
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表します
2024年02月15日
【研修資料】治療と仕事の両立支援ガイド ~持続可能な経営の実現に向けて~
2024年02月15日
毎年9月と3月は東京都自殺対策強化月間です!「第34回 自殺防止!東京キャンペーン」

「産業保健」に関するニュース

2024年02月26日
運動でメンタルヘルスを改善 すべての運動にうつ病を軽減する効果が ウォーキング・ヨガ・ダンス・筋トレを調査
2024年02月26日
子供の肥満傾向は成長してから肥満やメタボのリスクに スマホのスクリーンタイムが長い子供は高リスク
2024年02月26日
就寝時間を遅らせる癖があると睡眠が悪化 就寝を先延ばしにする習慣を測定するスケールを開発 保健指導にも活用
2024年02月19日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動をしている人は重症化しにくい 運動不足の人は高リスク 運動習慣は大切
2024年02月19日
ショッピングモールとスマホを活用し歩数を増やす ウォーキングプログラムの成果 どんな人に効果があったか?
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶