関連資料・リリース情報

令和5年度障害者雇用実態調査の結果を公表します

令和5年度障害者雇用実態調査の結果を公表します

 厚生労働省では、このほど、令和5年(2023)年6月に実施した「令和5年度障害者雇用実態調査」の結果を取りまとめましたので、公表します。

調査結果の主なポイント

前回調査(平成30年)と比較し、総計で雇用者数が増加し、全体的に障害者雇用は着実に進展。
(以下、ここでは全て推計値を用いている。)

  • 従業員規模5人以上の事業所に雇用されている障害者数は110万7,000人で、前回調査に比べて25万6,000人の増加(平成30年度85万1,000人)。
    内訳は、身体障害者が52万6,000人(同42万3,000人)、知的障害者が27万5,000人(同18万9,000人)、精神障害者が21万5,000人(同20万人)、発達障害者が9万 1,000人(同3万9,000人)。
  • すべての障害種別で前回調査より平均勤続年数が増加。
    ・身体障害者12年2月(前回は10年2月)
    ・知的障害者9年1月(同7年5月)
    ・精神障害者5年3月(同3年2月)
    ・発達障害者5年1月(同3年4月)

(厚生労働省/2024年 3月27日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年05月15日
労働安全衛生法に基づく一般健康診断の検査項目等に関する検討会 第3回資料
2024年05月13日
日本産業保健法学会「広報 on HP」(第21号・第22号・特別号)
2024年05月08日
化学物質管理強調月間を創設します~厚生労働省と環境省が連携し事業場の化学物質管理の取り組みを促進~
2024年05月08日
【動画】自分でできる熱中症予防
2024年05月08日
日本の都市圏における熱中症搬送者数は2040年に2倍の可能性 ~人口減にもかかわらず、高温化、高齢化で搬送者数の増加~

「産業保健」に関するニュース

2024年05月16日
「孤独・孤立対策推進法」 4月から施行 実態調査でもいまだに4割近くが「孤独感」を感じる
2024年05月14日
エレベーターは寿命を短くする 階段の上り下りで心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 簡単に取り入れられる「運動のおやつ」
2024年05月14日
若い頃の運動不足は中年になってから健康・労働力の低下に影響 若いうちにこそ身につけたい運動習慣
2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年05月13日
【フレイル予防】肥満とフレイルのある高齢者は死亡リスクが高い やせすぎの人にもリスクが 3つの質問で転倒・骨折のリスクが分かる
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶