ニュース

女性の肩・腰・手足の慢性的な痛みは、運動・フィットネスで改善できる 週2回以上の運動でメンタルも改善

 女性の肩・腰・手足の関節などの慢性的な痛みは、運動・フィットネスによって改善できることが、大阪大学などが実施した研究で明らかになった。
 研究に参加した女性は、筋力トレーニングと有酸素運動を交互に実施する運動に週2回以上取り組み、破局的思考や、腰と膝の機能が改善した。
 運動器慢性疼痛(CMP)は成人の20%にみられ、女性に多く、身体・心理・社会的要因が相互に関与することが知られている。
 肩、腰、手足の関節などの慢性的な痛みを軽減するためには、運動が有効だ。
肩こりや腰痛は運動で改善できる?
 「健康日本21」(第2次)では、健康寿命の延伸は重要な課題とされている。その一方で、平均寿命と健康寿命の差が大きいのは深刻で、とくに女性では、「日常生活に制限のある期間の平均」は12.34年となっており、男性に比べても長い。

 とくに女性に多い慢性疼痛や運動器疼痛は、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)を低下させる原因になる。国民生活基礎調査によると、日本人女性に多い病気やケガとして、「肩こり」(11%)、「腰痛」(11%)、「手足の関節の痛み」(7%)が挙げられている。

 運動器疼痛への適切な対処・治療が求められている。日本運動器疼痛学会などが作成した「慢性疼痛診療ガイドライン」によると、肩・腰・手足の関節などの慢性的な痛みを軽減するために、運動が有効だ。

 しかし、運動する意欲があるにも関わらず、痛みのために運動に支障をきたしている女性も多いとみられる。運動を習慣として行うことで、痛みや日常生活での困難さがどれくらい軽減するのかもよく分かっていない。

 そこで大阪大学などは、女性に特化したフィットネスクラブで、運動を開始する女性会員に対して調査を実施し、痛みと運動習慣について多面的にデータ収集を行った。
運動で肩・腰・膝の痛みが改善した
 研究は、大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座スポーツ医学の中田研教授を中心に、カーブスジャパン、日本イーライリリーが共同で行ったもの。

 研究では、運動器慢性疼痛の状態や運動での障壁、そして運動を励行できた場合の疼痛を軽減する効果についてデータをまとめ、研究成果は「Scientific Reports」に公表した。

 研究グループは、2,600人のフィットネスクラブの女性新規会員に入会時にアンケートを行い、痛みを評価するスケールである「NRS」で4以上で、運動器慢性疼痛(CMP)があると判定された女性139人を対象に、運動に取り組んでもらった。

 取り組んでもらったのは、筋力トレーニングと有酸素運動を交互に実施するサーキット式のトレーニング。

 1回30分のトレーニングを行ってもらい、3ヵ月後に、痛みの強さをNRS、疼痛による破局的思考をPCS(痛みによる破局スケール)、腰・肩・膝の自覚的機能をそれぞれ、RDQ、Shoulder36、KOOSといったスケールを用いて評価し、どれだけ改善したかを調べた。

 その結果、NRS、PCSは、3ヵ月間で有意に改善した。肩機能では変化はみられなかったのものの、腰・膝のADLスコアは改善した。

 運動頻度により参加者を3群に分け比べたところ、NRSは運動頻度に関係なく全群で有意に改善し、PCS・腰・膝は中強度と高強度の群(週2回以上の運動に相当)で有意に改善した。
3ヵ月の運動で運動器慢性疼痛(CMP)も改善
 このように、1回30分の筋力トレーニングと有酸素運動を交互に実施するサーキット式のトレーニングを3ヵ月続けた女性は、運動器慢性疼痛(CMP)が改善し、とくに週2回以上行うと、破局的思考や、腰と膝の機能改善も得られることが示された。

 3ヵ月以上継続、または反復するCMPは、成人の20%にみられ、とくに女性に多く、身体・心理・社会的要因が相互に関与している。身体機能低下、抑うつ、生活の質(QOL)の低下などを引き起こし、経済損失は年間26兆円(2,000億ユーロ)とも報告されており、医療上の重大な課題となっている。

 「運動療法が第一選択とされていますが、確立された方法はまだありません。運動習慣によって痛みや日常生活における困難さがどの程度軽減するのか、その学術的データを明らかにすることが重要です」と、研究者は述べている。

大阪大学大学院医学系研究科 健康スポーツ科学講座 スポーツ医学
Chronic musculoskeletal pain, catastrophizing, and physical function in adult women were improved after 3-month aerobic-resistance circuit training(scientific reports 2021年7月22日)

慢性疼痛診療ガイドライン(慢性の痛み情報センター)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶