オピニオン/保健指導あれこれ
データヘルス/健康経営

イラストで魅せる!健康啓発「見せ方」の工夫

保健指導リソースガイド編集部

プロフィール

  • 保健指導リソースガイド編集部
  • 保健指導リソースガイド編集部
     保健師・看護師・管理栄養士などの医療健康に関わる専門職向けの情報を日々配信する本サイト「保健指導リソースガイド」の運用をしています。

     このオピニオンでは情報の伝え方の工夫について考えていきたいと思っています。

     こんな情報が欲しい、こんな資材があれば嬉しいなどの意見がありましたら是非、ご連絡ください。今後の運用の参考にさせていただきます。

    情報の見せ方の重要性

     医療・健康情報は、どんなに有用な情報であってもヘルスケア分野を職にしていない方々にとっては、難しく感じることが多く、少しでも難しい用語が出てくると理解することを諦める方が多いのが現状です。

     興味があまりない対象者にとってはどんなに有用な情報でも、なかなか頭に入らないので、伝える工夫が必要になります。また、興味があっても日常の限られた時間の中で長い理解してもらうためにはできるだけわかりやすく、短時間で伝えなければいけません。

     そんなとき、情報をイラスト、図、またはインフォグラフィックなど「情報を可視化」することで伝わりやすくすることができます。

     特に、漫画やイラストは私たち日本人にとって身近で馴染みやすい手法です。文字で説明していたものを、直感的に伝えることで読み疲れをなくし、ポイントを明確に伝えることができます。静止画だけでなく動画も身近な存在になってきましたので注目していきます。

     健康情報に興味を持つことが、自分の健康を考えるきっかけとなり、「自分ごと化」させることで自身の健康管理につながると考えています。

     このオピニオンでは、そんな「きっかけ」となる情報提供時の工夫について考えていきます。

「データヘルス/健康経営」に関するニュース

2022年12月06日
40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ 若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを
2022年12月05日
認知機能の低下による要介護リスクを簡単な質問で推定 「周りからの物忘れの指摘」など3つの質問
2022年11月29日
【特定健診】メタボ健診はうつ病のリスク判定にも有用 メタボの要素が増えるごとにうつ判定が上昇
2022年11月29日
「肥満の人は生活がだらしなく自己管理ができない」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月21日
健康管理アプリは医療者や専門職による支援・サポートが加わると効果的 アプリのみだと効果なし
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶