関連資料・リリース情報

「小学生の母親を対象とした「食物アレルギー」認識調査」

「小学生の母親を対象とした「食物アレルギー」認識調査」
(ファイザー/2012年10月31日)

重篤なアレルギー反応を起こす可能性があるにもかかわらず「食物アレルギー」をもつ子供の母親の87.6%が「アナフィラキシーショック」を起こす可能性が高いと認識せず
∼ 母親が周囲に知ってもらいたいことの第1位は「好き嫌いとは違う」 啓発の必要性が浮き彫りに ∼

○ポイント

「アナフィラキシー」発現リスクの認識について
・食物アレルギーをもつ子供の母親の87.6%が「アナフィラキシーショック」を起こす可能性が高いと思っていない

・食物アレルギーの対応として、44.4%が「特に何もしていない」

・複数の臓器でアレルギー症状が現われていても、46.8%の母親が「アナフィラキシー」の発現を疑わなかった

・食物アレルギーをもつ子供の母親でも、71.4%が「アナフィラキシー」を起こした際の補助治療剤であるアドレナリン自己注射を知らない

「食物アレルギー」について
・母親が周囲に知ってもらいたいことの第1位は「好き嫌いとは違う」71.8%

・食物アレルギーをもつ子供の母親は、子供が友だちの家に遊びにいく時の食事に関して、およそ3人に1人の29.8%が不安に思っている

・食物アレルギーのない子供の母親が、子供の友だちに食べ物を提供する際に「食物アレルギーの有無」を確認している割合は35.9%

(ファイザー/2012年10月31日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年06月11日
育児・介護休業法の改正について
2021年06月10日
新型コロナウイルスワクチン:職域接種に関するお知らせ
2021年06月07日
新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材
2021年06月04日
新型コロナワクチンの職域接種に関する相談窓口を設置しました
2021年06月01日
「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」の作成について
2021年06月01日
長時間労働削減に向けた取組
2021年05月28日
令和2年度の妊娠届出数の状況について
2021年05月21日
ヤングケアラーの支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチーム報告
2021年05月21日
コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書 ~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~
2021年05月06日
令和2年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶