関連資料・リリース情報

「処方薬の飲み残しに関する意識・実態調査」

「処方薬の飲み残しに関する意識・実態調査」
(ファイザー/2012年11月13日)
生活習慣病患者の半数が処方された薬を飲み忘れ
合併症の発症リスクを認識しているのは4人に1人
∼ 9割の医師・薬剤師が残薬確認を実施している一方で、された認識がある患者は2割 ∼

〇調査のポイント
生活習慣病患者の薬の飲み忘れについての意識と実態
・46.3%もの患者が生活習慣病の薬を飲み忘れることがある。理由は「うっかり」が75.5%に達し、60.4%が数日飲み忘れても問題ないと考えている
・処方薬の飲み残しがひき起こす合併症の発症リスクの認識は25.9%に止まる。薬剤コストについても自身の薬剤費の無駄遣い19.4%、国の医療費増3.6%と低い認識

生活習慣病患者の服用に対する自己判断の実態
・生活習慣病の薬について、自分の判断で服用量を減らしたり、服用を中止した経験のある患者が18.3%存在

患者と薬剤師の残薬確認についての意識差
・薬を飲みきれずに余らせたことがある患者は30.3%に達する、背景として今年の4月以降に「残薬の確認」を受けたと答えた患者が24.0%に止まっている現状
・一方、薬剤師は91.0%が「残薬の確認」を行っていると回答

不十分なお薬手帳の活用状況
・患者のお薬手帳の認知度は99.0%も、薬の処方時にお薬手帳をいつも持参している患者は46.6%、一方、全ての患者の服薬管理にお薬手帳を活用している薬剤師も49.0%で、十分にお薬手帳が活用されていない状況

(ファイザー/2012年11月13日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年04月25日
令和5年度「地方公務員のメンタルヘルス対策の推進に関する研究会報告書」
2024年04月19日
不妊治療と仕事との両立について
2024年04月17日
ニュースレター『Obesity Report』 第12号
2024年04月16日
令和5年度「地域保健対策・保健師活動 ワーキンググループ」報告書
2024年04月16日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月18日
令和4年度 健保組合医療費、対前年比6.5%増―1人当たりの医療費の伸び率、「新型コロナ関連等」が110%
2024年04月18日
人口10万人あたりの「常勤保健師の配置状況」最多は島根県 「令和4年度地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年04月18日
健康診査の受診者数が回復 前年比で約4,200人増加 「地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年03月28日
東京都がヤングケアラー支援のHPを公開 当事者や周囲の人が気付きやすいよう啓発を進める

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶