関連資料・リリース情報

「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議報告書」

「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議報告書」
(厚生労働省/2013年8月9日)

 「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」(座長:堀田知光 独立行政法人国立がん研究センター 理事長)において、がん対策推進基本計画に基づき、我が国全体で進めるがん研究の今後のあるべき方向性と具体的な研究事項等について検討を行い、報告書をとりまとめた。

 これは、平成16年からの「第3次対がん10か年総合戦略」が、平成25年度に終了することを踏まえ、今後のがん研究のあり方を総合的に検討するために、文部科学省・厚生労働省・経済産業省の3省にて協働し、有識者の方々に検討いただいたもの。

 本報告書では、「根治・予防・共生 ?患者・社会と協働するがん研究?」をキャッチフレーズに研究を推進すること等を提言している。今後、本報告書や政府においてとりまとめられる医療分野の研究開発に関する総合戦略の検討を踏まえつつ、平成25年度に終了する「第3次がん10か年総合戦略」に代わる、新たながん研究戦略がとりまとめられることになります。

「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議報告書」

(厚生労働省/2013年8月9日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年02月20日
厚生労働省「女性の健康週間」特設Webコンテンツ元体操選手 田中理恵さん・能瀬さやか先生と一緒に考える~自分のからだと向き合う、適正体重の大切さ~
2024年02月19日
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表します
2024年02月15日
【研修資料】治療と仕事の両立支援ガイド ~持続可能な経営の実現に向けて~
2024年02月08日
2月はアレルギー疾患対策推進強化月間です
2024年02月07日
「令和5年度化学物質管理に係る専門家検討会」の報告書を公表します

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年02月16日
「HPV検査単独法」子宮頸がん検診に4月から導入 厚生労働省「がん検診検討会」より
2024年02月08日
「座りすぎを避ける」などを強調 「健康づくりのための身体活動・運動ガイド2023」
2024年02月01日
【毎年2月は全国生活習慣病予防月間】2024年のテーマは「少食で腸活」~「一無、二少、三多」の生活習慣を腸内細菌の働きから検証するWeb講演会を公開中! ~
2024年02月01日
働き盛りの「AYA世代」のがん、女性が7割超―院内がん登録における小児・AYA集計報告公表
2024年01月19日
「安衛法に基づく一般健診」厚生労働省の検討会が初会合ー女性の健康に関連する項目追加など検討へ

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶