関連資料・リリース情報

「平成24年結核登録者情報調査年報集計結果」

「平成24年結核登録者情報調査年報集計結果」
(厚生労働省/2013年9月30日)

○ポイント

◆欧米諸国と比較すると、日本の結核罹患率は依然として高い
日本の結核罹患率(人口10万対の新登録結核患者数)(16.7)は、米国(3.4)の4.9倍、 ドイツ(4.3)の3.9倍、オーストラリア(5.4)の3.1倍

◆結核罹患率は減少傾向だが、年間21,000人以上の結核患者が新たに登録されている

◆結核患者の高齢化が更に進んでいる
70歳以上の新登録患者が全体に占める割合:48.9%(H20) から 55.6%(H24)へ増加
80歳以上の罹患率(人口10万対):81.0 (H20 87.6、H21 88.3、H22 84.2、H23 85.6)

◆受診が遅れる(症状発現から受診までの期間が2か月以上の割合)患者は依然として多く、特に働き盛りで感染性のある結核患者の遅れが目立つ

(厚生労働省/2013年9月30日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2024年05月08日
感染症発生動向調査に基づく妊娠中の女性における梅毒の届出、2022~2023年
2024年05月08日
日本の都市圏における熱中症搬送者数は2040年に2倍の可能性 ~人口減にもかかわらず、高温化、高齢化で搬送者数の増加~
2024年05月02日
肥満症の予防・改善に活用できる「グッドウエイト手帳」
2024年05月01日
「家族と健康」WEB版 2024年・5月号
2024年04月30日
アルコール健康障害に係る地域医療連携等の効果検証および関係者連携会議の実態調査に関する研究

「地域保健」に関するニュース

2024年05月16日
「孤独・孤立対策推進法」 4月から施行 実態調査でもいまだに4割近くが「孤独感」を感じる
2024年05月14日
エレベーターは寿命を短くする 階段の上り下りで心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 簡単に取り入れられる「運動のおやつ」
2024年05月14日
若い頃の運動不足は中年になってから健康・労働力の低下に影響 若いうちにこそ身につけたい運動習慣
2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年05月13日
【フレイル予防】肥満とフレイルのある高齢者は死亡リスクが高い やせすぎの人にもリスクが 3つの質問で転倒・骨折のリスクが分かる
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶