関連資料・リリース情報

「平成24年結核登録者情報調査年報集計結果」

「平成24年結核登録者情報調査年報集計結果」
(厚生労働省/2013年9月30日)

○ポイント

◆欧米諸国と比較すると、日本の結核罹患率は依然として高い
日本の結核罹患率(人口10万対の新登録結核患者数)(16.7)は、米国(3.4)の4.9倍、 ドイツ(4.3)の3.9倍、オーストラリア(5.4)の3.1倍

◆結核罹患率は減少傾向だが、年間21,000人以上の結核患者が新たに登録されている

◆結核患者の高齢化が更に進んでいる
70歳以上の新登録患者が全体に占める割合:48.9%(H20) から 55.6%(H24)へ増加
80歳以上の罹患率(人口10万対):81.0 (H20 87.6、H21 88.3、H22 84.2、H23 85.6)

◆受診が遅れる(症状発現から受診までの期間が2か月以上の割合)患者は依然として多く、特に働き盛りで感染性のある結核患者の遅れが目立つ

(厚生労働省/2013年9月30日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2021年12月03日
「日本健康会議2021」動画議事録
2021年12月03日
全国の20代〜60代男女1万人に聞く「デンタルIQに関する意識と実態調査」
2021年12月02日
【動画】肥満症特別勉強会:新型コロナ感染症重症化と肥満症の不可分な関係
2021年12月02日
「家族と健康」WEB版12月号
2021年12月02日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 別冊 罹患後症状のマネジメント(暫定版)

「地域保健」に関するニュース

2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年12月06日
心不全患者の介護発生率は健常者の2倍以上 心不全は生命を縮める病気 介護予防は⼼臓病患者でとくに重要
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶