関連資料・リリース情報

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」
(厚生労働省/2016年2月23日)

~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~

 厚生労働省は、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表した。

 このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめたもの。

 ガイドラインでは、職場における意識啓発のための研修や治療と職業生活を両立しやすい休暇制度・勤務制度の導入などの環境整備、治療と職業生活の両立支援の進め方に加え、特に「がん」について留意すべき事項をとりまとめている。

 厚生労働省は、今後、このガイドラインの普及や企業に対する各種支援によって、疾病を抱える方々が治療と職業生活が両立できるような環境整備に取り組んでいくとしている。

○ポイント
<治療と職業生活の両立支援を行うための環境整備>
 ・労働者や管理職に対する研修などによる意識啓発
 ・労働者が安心して相談・申出を行える相談窓口を明確化
 ・時間単位の休暇制度、時差出勤制度などを検討・導入
 ・主治医に対して業務内容などを提供するための様式や、主治医から就業上の措置などに関する意見を求めるための様式を整備

<治療と職業生活の両立支援の進め方>
 ・労働者が事業者に支援を求める申出(主治医による配慮事項などに関する意見書を提出)
 ・事業者が必要な措置や配慮について産業医などから意見を聴取
 ・事業者が就業上の措置などを決定・実施(「両立支援プラン」の作成が望ましい)

<がんに関する留意事項>
 ・治療の長期化や予期せぬ副作用による影響に応じた対応の必要性
 ・がんの診断を受けた労働者のメンタルヘルス面へ配慮

(厚生労働省/2016年2月23日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年10月18日
日本肥満症予防協会ニュースレター『Obesity Report』最新号公開:巻頭言「コロナ禍における肥満症対策の重要性」など
2021年10月18日
「第三回 上手な医療のかかり方アワード」応募受付中<11月30日まで>
2021年10月12日
動画版「令和3年版 労働経済の分析」が公開されました
2021年10月05日
「転倒予防の日(10月10日)」を契機に、職場での転倒予防に取り組みましょう!
2021年10月01日
令和2年版「心理的な負担の程度を把握するための検査実施状況」

「産業保健」に関するニュース

2021年10月19日
【新型コロナ】野菜を食べている人は新型コロナの重症化リスクが4割減少 発症リスクも低下
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
2021年10月19日
【新型コロナ】肥満や糖尿病の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月19日
【新型コロナ】緊急事態宣言で子供が運動不足に バランス機能が低下 「転倒」と「肥満」のリスクが増加
2021年10月19日
「緊急避妊薬(アフターピル)」の市販薬化に産婦人科医は慎重な姿勢 「まず性教育の充実に取り組むべき」

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶