関連資料・リリース情報

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」
(厚生労働省/2016年2月23日)

~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~

 厚生労働省は、「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表した。

 このガイドラインは、事業場が、がん、脳卒中などの疾病を抱える方々に対して、適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い、治療と職業生活が両立できるようにするため、事業場における取組などをまとめたもの。

 ガイドラインでは、職場における意識啓発のための研修や治療と職業生活を両立しやすい休暇制度・勤務制度の導入などの環境整備、治療と職業生活の両立支援の進め方に加え、特に「がん」について留意すべき事項をとりまとめている。

 厚生労働省は、今後、このガイドラインの普及や企業に対する各種支援によって、疾病を抱える方々が治療と職業生活が両立できるような環境整備に取り組んでいくとしている。

○ポイント
<治療と職業生活の両立支援を行うための環境整備>
 ・労働者や管理職に対する研修などによる意識啓発
 ・労働者が安心して相談・申出を行える相談窓口を明確化
 ・時間単位の休暇制度、時差出勤制度などを検討・導入
 ・主治医に対して業務内容などを提供するための様式や、主治医から就業上の措置などに関する意見を求めるための様式を整備

<治療と職業生活の両立支援の進め方>
 ・労働者が事業者に支援を求める申出(主治医による配慮事項などに関する意見書を提出)
 ・事業者が必要な措置や配慮について産業医などから意見を聴取
 ・事業者が就業上の措置などを決定・実施(「両立支援プラン」の作成が望ましい)

<がんに関する留意事項>
 ・治療の長期化や予期せぬ副作用による影響に応じた対応の必要性
 ・がんの診断を受けた労働者のメンタルヘルス面へ配慮

(厚生労働省/2016年2月23日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年08月12日
少子化社会対策大綱の推進に関する検討会 中間評価
2022年08月12日
令和4年度「『見える』安全活動コンクール」
2022年08月12日
「これからの労働時間制度に関する検討会」報告書
2022年08月09日
未来の健康づくりに向けた「アクションプラン2022」
2022年08月04日
「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設

「産業保健」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月04日
「発達障害への理解と職場での対応」へるすあっぷ21 8月号
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶