関連資料・リリース情報

「平成29年度第1回化学物質のリスク評価に係る企画検討会 資料」

「平成29年度第1回化学物質のリスク評価に係る企画検討会資料」
(厚生労働省/2017年5月22日)

○資料
資料1-1 労働者の健康障害防止にかかる化学物質のリスク評価方針(平成29年度)(案)
資料1-2 平成29年度のリスクコミュニケーションの進め方(案)
資料2 リスク評価対象物質・案件選定の考え方(案)
(別紙1)IARCグループ1に分類されている作用因子(120因子)の分類(案)
(別紙2)IARCグループ2Aに分類されている作用因子(87因子)の分類(案)
(別紙3)IARCグループ2Bに分類されている作用因子(293因子)の分類(案)

○参考資料
参考資料1 化学物質のリスク評価に係る企画検討会開催要綱・参集者名簿
参考資料2-1 これまでのリスク評価の進捗状況一覧
参考資料2-2 リスク評価の進捗状況
参考資料3 平成28年度のリスク評価の実績について(平成28年度第5回企画検討会後修正)
参考資料4 平成29年度中期発がん性試験の実施予定物質
参考資料5 職場で使用される化学物質の発がん性評価の加速化(詳細)
参考資料6 労働者の有害物によるばく露評価ガイドライン

(厚生労働省/2017年5月22日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表
2022年01月13日
COVID-19流行開始前および開始から2021年10月までの、労働者の精神健康の推移
2022年01月13日
「看護職のためのメンタルヘルス相談窓口」を開設
2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号

「産業保健」に関するニュース

2022年01月13日
「目指せ!マンネリ委員会から役立つ委員会へ with/afterコロナの安全衛生委員会活動」産業保健と看護 2022年1号
2022年01月12日
経団連調査、パワハラの相談件数が増加 コミュニケーションや理解不足が背景に
2022年01月11日
【新型コロナ】感染拡大でストレスが増加 ストレス解消に効果的な方法は? 何が原因かに気付くことが大切
2022年01月11日
【新型コロナ】コロナ禍で出産した女性は心理不安が増大 ストレスで緊張 地域の保健やサポートが必要
2022年01月11日
【新型コロナ】母乳育児が大幅に減少 母乳には大切なベネフィットが 授乳中のワクチン接種は安全

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶