関連資料・リリース情報

平成29年度「全国労働衛生週間」を10月に実施

「平成29年度「全国労働衛生週間」を10月に実施」
(厚生労働省/2017年7月10日)

●今年のスローガンは「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」

厚生労働省は、10月1日(日)から7日(土)まで、平成29年度「全国労働衛生週間」を実施する。今年のスローガンは、一般公募に応募のあった457作品の中から、村井俊明さん(新潟県)の「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」に決定した。

このスローガンは、働き方改革を契機に、それぞれの職場における健康管理や職場環境を見直し、だれもが輝くことのできる職場を目指すことを表している。

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に昭和25年から毎年実施しているもの。今年で68回目。

毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、さまざまな取組を展開している。

(厚生労働省/2017年7月10日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年08月12日
少子化社会対策大綱の推進に関する検討会 中間評価
2022年08月12日
令和4年度「『見える』安全活動コンクール」
2022年08月12日
「これからの労働時間制度に関する検討会」報告書
2022年08月09日
未来の健康づくりに向けた「アクションプラン2022」
2022年08月04日
「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設

「産業保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月で糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶