関連資料・リリース情報

2017年就労条件総合調査 結果の概況

2017年就労条件総合調査 結果の概況

○ポイント
1 年次有給休暇の取得状況
・2016年(又は2015会計年度)1年間の年次有給休暇の付与日数は18.2日(前年18.1日)、そのうち労働者が取得した日数は9.0日(前年8.8日)で、取得率は49.4%(前年48.7%)

2 勤務間インターバル制度の導入状況
・実際の終業時刻から始業時刻までの間隔が11時間以上空いている労働者が「ほとんど全員」又は「全員」である企業割合は71.6%
・勤務間インターバル制度の導入状況別の企業割合は、「導入している」が 1.4%、「導入を予定又は検討している」が5.1%

3 一律定年制における定年後の措置
・一律定年制を定めている企業のうち、勤務延長制度又は再雇用制度のある企業割合は92.9%(前年94.1%)、勤務延長制度(両制度併用含む)のある企業割合は20.8%(前年23.6%)、再雇用制度(両制度併用含む)のある企業割合は83.9%(前年83.4%)

(厚生労働省/2017年12月27日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年07月23日
労働時間短縮に関する職場レベルでの介入および試験:スコーピングレビュー
2024年07月22日
令和6年度「薬と健康の週間」の実施について
2024年07月18日
ポータルサイト「はじめてのHPVワクチン」を開設
2024年07月18日
「令和5年度 男性の育児休業等取得率の公表状況調査」報告書(確報値)
2024年07月18日
令和5年度「雇用の分野における障害者の差別禁止・合理的配慮の提供義務に係る相談等実績」を公開

「産業保健」に関するニュース

2024年07月22日
夏はビールの飲みすぎにご注意 アルコールは心臓病やがんのリスクを高める 男性だけでなく女性も健康リスクが
2024年07月22日
運動は認知機能を高め認知症予防に有用 ストレスによるメンタルヘルス不調を抱える人で運動の効果はとくに高い
2024年07月22日
がん発症の40%とがんによる死亡の半数は予防が可能 タバコの健康影響が大きい 肥満や過体重にも対策
2024年07月22日
健診で発見された心電図異常で将来の心血管疾患リスクが分かる 将来の重症化予防に貢献 協会けんぽ加入者のデータを解析
2024年07月18日
20〜50代の女性「メンタルの悩み言い出しにくい」2割超 令和5年度「男女の健康意識に関する調査報告書」より
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶