関連資料・リリース情報

2015年市区町村別生命表の概況

2015年市区町村別生命表の概況

 厚生労働省は、「2015年市区町村別生命表」の概況を取りまとめ公表した。
 市区町村別生命表は、死亡状況を市区町村単位で比較分析するため、国勢調査による日本人人口(確定数)と人口動態統計(確定数)による日本における日本人の死亡数、出生数をもとに、2000年から5年(国勢調査年)ごとに作成し、今回が4回目。

○ポイント
・市区町村別の平均寿命は、男性は神奈川県横浜市青葉区、女性は沖縄県中頭郡北中城村が最も高く、男性、女性ともに大阪府大阪市西成区が最も低くなっている。

(厚生労働省/2018年4月17日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年10月05日
令和4年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について
2022年09月28日
Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて
2022年09月26日
令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況
2022年09月22日
よく寝た子は食いしばらない エコチル調査から見えた乳幼児期の睡眠時間と歯ぎしり癖との関連
2022年09月22日
「児童虐待防止対策の更なる推進について」を決定しました

「地域保健」に関するニュース

2022年10月03日
【子宮頸がん】HPVワクチンは効果が高いことを確認 初交前に接種すると予防効果は78%に上昇 広くアピールする必要が
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年10月03日
【睡眠健診】睡眠を見直し生活リズムを改善 健やかな発育・発達を 「子ども睡眠健診」プロジェクト
2022年10月03日
スマホの「食事記録アプリ」は正確? コンビニ食は簡単・正確に測定できる 病院食では栄養価を過大評価
2022年10月03日
「痩せ」と「朝食抜き」の人でタンパク尿が増加 タンパク尿は腎臓病のリスクを知らせるSOS

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶