関連資料・リリース情報

平成30年度国民健康保険(市町村)の財政状況について

平成30年度国民健康保険(市町村)の財政状況について

 このたび厚生労働省は、全国の市町村が運営する国民健康保険の財政状況(平成30年度分)を取りまとめたので公表した。

○主なポイントは以下のとおり。

1.収支状況
 ① 単年度収入額 : 24 兆 3,448 億円(前年度比 58.5%(89,888 億円)増)
 ② 単年度支出額 : 24 兆 2,164 億円(前年度比 60.1%(90,911 億円)増)
(※財政運営の都道府県単位化に伴い、市町村ごとの国保事業費納付金や保険給付費等交付金が会計上加わるようになった等による増)
③ 決算補填等目的の法定外一般会計繰入金を除いた場合の精算後単年度収支差引額
 215 億円の黒字(前年度から 664 億円改善)

2.被保険者数 : 2,752 万人(前年度から 119 万人減)

3.国民健康保険料(税)収納率 : 92.85%(前年度から 0.40 ポイント上昇)
 

(厚生労働省/2020年7月22日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年06月30日
令和4年版「高齢社会白書」を公表
2022年06月29日
「令和3年度食育白書」を公表
2022年06月22日
「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を6月20日から実施します
2022年06月22日
熱中症✕コロナ感染防止リーフレット
2022年06月16日
2022年度厚生労働省委託事業「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」

「地域保健」に関するニュース

2022年06月30日
コロナ下での食育の取り組みなどを解説 食育推進のため啓発リーフレット作成 令和3年度「食育白書」を公表
2022年06月27日
ペットは健康に有用? ペットの飼い主の95%が「ストレス解消に役立つ」 脳の健康にも良い影響
2022年06月27日
東日本大震災後の高齢者のフレイルを調査 習慣的に運動をすることが低栄養リスクを下げる
2022年06月27日
日本人高齢者の認知機能は向上している 認知機能障害が減少 国立長寿医療研究センター
2022年06月27日
片足で10秒間立てれば死亡リスクは低下 「片足立ち」は日常的で簡易なテストとして有用

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶