関連資料・リリース情報

「(三訂)オフィスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を発表

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの三訂について

 経団連では、感染症のまん延を防止しつつ、事業を通じた国民生活への貢献を行うために事業者が留意すべき基本的事項として、2020年5月に「オフィス」と「製造事業場」それぞれを対象に「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」(以下、ガイドライン)を取りまとめを行いました。

 このたび、その後の感染症に関するエビデンスの蓄積を踏まえ、ガイドラインに関して、2021年4月の再訂に続き、今般三訂を行いました。健康管理アプリの活用について記載するなどの主な変更箇所は下記ページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの三訂について主な変更箇所

(一般社団法人 日本経済団体連合会/2021年10月15日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表
2022年01月13日
COVID-19流行開始前および開始から2021年10月までの、労働者の精神健康の推移
2022年01月13日
「看護職のためのメンタルヘルス相談窓口」を開設
2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号

「産業保健」に関するニュース

2022年01月13日
「目指せ!マンネリ委員会から役立つ委員会へ with/afterコロナの安全衛生委員会活動」産業保健と看護 2022年1号
2022年01月12日
【新型コロナ】感染拡大でストレスが増加 ストレス解消に効果的な方法は? 何が原因かに気付くことが大切
2022年01月12日
経団連調査、パワハラの相談件数が増加 コミュニケーションや理解不足が背景に
2022年01月11日
【新型コロナ】コロナ禍で出産した女性は心理不安が増大 ストレスで緊張 地域の保健やサポートが必要
2022年01月11日
【新型コロナ】母乳育児が大幅に減少 母乳には大切なベネフィットが 授乳中のワクチン接種は安全

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶