関連資料・リリース情報

「がんアライアワード 2021」受賞企業と事例集を発表

「がんアライアワード 2021」受賞企業と事例集を発表いたします

 がんを治療しながら働く「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト「がんアライ部」。このたび、がん罹患者が治療をしながらいきいきと働ける職場や社会を目指して創設した「がんアライアワード2021」の受賞企業を発表しました。

 本アワードでは、以下を通じて、がんを治療しながらいきいきと働ける職場や社会を実現することを目的としています。各社の取り組み内容をぜひご覧ください。

・がん罹患者が働きやすい職場の要件を認識し、施策を推進するきっかけとする
・取り組みを表彰することで、がん罹患者が働きやすい職場づくりを応援する
・取り組み事例の中から、グッドプラクティスを公開し、広く社会に認識してもらう

(ライフネット生命保険株式会社/2021年11月29日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表
2022年01月13日
COVID-19流行開始前および開始から2021年10月までの、労働者の精神健康の推移
2022年01月13日
「看護職のためのメンタルヘルス相談窓口」を開設
2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号

「産業保健」に関するニュース

2022年01月17日
【新型コロナ】2回のワクチン接種を終えた⼈は8割超 ワクチン忌避につながる⼼理的要因とは?
2022年01月13日
「目指せ!マンネリ委員会から役立つ委員会へ with/afterコロナの安全衛生委員会活動」産業保健と看護 2022年1号
2022年01月12日
経団連調査、パワハラの相談件数が増加 コミュニケーションや理解不足が背景に
2022年01月11日
【新型コロナ】感染拡大でストレスが増加 ストレス解消に効果的な方法は? 何が原因かに気付くことが大切
2022年01月11日
【新型コロナ】コロナ禍で出産した女性は心理不安が増大 ストレスで緊張 地域の保健やサポートが必要

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶