関連資料・リリース情報

令和3年度「産業保健調査 研究発表会」の資料公開

令和3年度 産業保健調査研究発表会

 独立行政法人労働者健康安全機構は、2021年11月11日(木)に開催された「産業保健調査研究発表会」の調査資料を公開しました。

 公開中の施設名と調査研究課題名は以下のとおりです。

・和歌山「和歌山県における疾病を抱える労働者の治療と仕事の両立支援のための実態調査」
・福岡「医療保健業における腰痛リスクアセスメントツール MAPO index 日本語版の開発」
・鹿児島「中小企業における治療と仕事の両立支援連携に関する調査研究」
・神奈川「ストレスチェック集団分析結果に基づく職場環境改善の取組における事業場外資源の役割と機能―その現状と課題―事業場外資源ガイドブックの作成」
・佐賀「働く女性のライフステージに応じた飲酒に関する保健指導マニュアルの作成」
・山口「健康診断実施機関ネットワーク利用による事業場健康管理の質向上」

(独立行政法人労働者健康安全機構/2021年12月)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月25日
【動画公開】第302回「職域でのアルコール問題対策―『減酒』から『断酒』まで幅広く支援する」
2022年01月21日
女性活躍・両立支援に積極的に取り組む企業の事例集
2022年01月18日
エイジフレンドリー職場
2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表

「産業保健」に関するニュース

2022年01月25日
【新型コロナ】家に引きこもりテレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 立ち上がって運動を
2022年01月25日
【新型コロナ】妊婦の感染は重症化しやすい? 妊婦のCOVID-19患者の疫学的・臨床的な特徴を解明
2022年01月24日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「すぐに接種を」
2022年01月24日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月24日
【新型コロナ】電子タバコを吸う人は新型コロナが重症化しやすい 電子タバコによる肺の炎症が全身に影響

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶