関連資料・リリース情報

認知症による行方不明―いのちを守るために必要なこと―

認知症による行方不明―いのちを守るために必要なこと―

 わが国の認知症者は2025年に700万人になると予想されています。そして認知症による行方不明者は年々増加し、2020年には17,656人に達し527人が死亡しています。
 しかし、この人数は警察に行方不明者届が出された人に限られており、実際はもっと多くの人が行方不明になっていると考えられます。

 このような状況を鑑み、東京都健康長寿医療センターの福祉と生活ケア研究チームでは認知症による行方不明の研究を行ってきました。
 本パンフレットでは、研究から明らかとなった認知症による行方不明の実態と、認知症の方のご家族に参考となる知識と行方不明対策を説明しています。

(東京都健康長寿医療センター/2022年 3月 3日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年08月04日
周知「感染拡大に対応する都道府県への支援等及び医療機関・保健所からの証明 書等の取得に対する配慮について」
2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年08月01日
令和3年簡易生命表の概況
2022年07月29日
子供・若者インデックスボードver.3.0
2022年07月21日
効果的に感染拡大を防止しながら社会経済活動を維持していくための検査の活用について/感染拡大防止のための効果的な換気について

「地域保健」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶