関連資料・リリース情報

フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言を掲載いたしました。

フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言を掲載いたしました。

フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言
1. フレイル・ロコモは、生活機能が低下し、健康寿命を損ねたり、介護が必要になる危険が高まる状態です
2. フレイル・ロコモは、適切な対策により予防・改善が期待できます
3. 私たちは、フレイル・ロコモ克服の活動の中核となり、一丸となって国民の健康長寿の達成に貢献します
4. 私たちは、フレイル・ロコモ克服のために、国民が自らの目標として実感でき実践できる活動目標として80歳での活動性の維持を目指す「80GO(ハチマルゴー)」運動を展開します

(日本医学会連合/2022年 4月 1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「高齢者」に関する資料・リリース

2022年08月12日
令和4年度「『見える』安全活動コンクール」
2022年06月29日
令和3年「高年齢者雇用状況等報告」の集計結果を公表
2022年05月24日
令和4年度科学技術週間参加行事 講演「健康長寿を目指すために知っておくべき性ホルモンの働きと最新研究」
2022年05月16日
WHO身体活動および座位行動に関するガイドライン
2022年05月12日
令和4年度「全国安全週間」を7月に実施 ~令和4年度のスローガンを決定。すべての働く方が安全に働くことのできる職場の実現などを呼びかけ~

「高齢者」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
2022年08月01日
【新型コロナ】唾液中のタンパク質にコロナ感染を防止する効果 唾液を減らさないことが大切

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶