関連資料・リリース情報

「令和3年度使用者による障害者虐待の状況等」の結果を公表します

「令和3年度使用者による障害者虐待の状況等」の結果を公表します

 厚生労働省が、「令和3年度使用者による障害者虐待の状況等」を取りまとめて公表しました。今回の取りまとめ結果を受けて、引き続き、地方公共団体との緊密な連携を図りながら、使用者による障害者虐待の防止のために取り組んでいくとしています。

【ポイント】

1 通報・届出のあった事業所数※2は、前年度と比べ3.7%減少し、1,230事業所。
  通報・届出の対象となった障害者数は、前年度と比べ1.6%増加し、1,431人。

2 虐待が認められた事業所数※2 は、前年度と比べ2.2%減少し、392事業所。
  虐待が認められた障害者数は、前年度と比べ0.8%増加し、502人。

3 認められた虐待の種別※3では、経済的虐待が420人(77.6%)と最も多く、
  次いで心理的虐待が61人(11.3%)、身体的虐待が32人(5.9%)。

(厚生労働省/2022年 9月 7日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年10月05日
11月は「過労死等防止啓発月間」です
2022年10月04日
【全国開催】「過労死等防止対策推進シンポジウム」
2022年10月04日
「医師の働き方改革」の進捗と健康経営の取り組み状況について医療機関へのアンケート調査結果
2022年10月04日
令和3年度【総括・分担研究報告書】事業場において治療と仕事の両立を支援するための配慮とその決定プロセスに関する研究
2022年09月29日
【がんと仕事に関する意識調査結果】がん経験者の6割が「これまでどおり」働き、3割が働き方を変更

「産業保健」に関するニュース

2022年10月03日
【子宮頸がん】HPVワクチンは効果が高いことを確認 初交前に接種すると予防効果は78%に上昇 広くアピールする必要が
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年10月03日
【睡眠健診】睡眠を見直し生活リズムを改善 健やかな発育・発達を 「子ども睡眠健診」プロジェクト
2022年10月03日
スマホの「食事記録アプリ」は正確? コンビニ食は簡単・正確に測定できる 病院食では栄養価を過大評価
2022年10月03日
「痩せ」と「朝食抜き」の人でタンパク尿が増加 タンパク尿は腎臓病のリスクを知らせるSOS

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶