関連資料・リリース情報

令和4年度「ヤングケアラー認知度向上のための広報啓発」について

令和4年度「ヤングケアラー認知度向上のための広報啓発」について

 ヤングケアラーとは、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っているこどものこと。責任や負担の重さにより、学業や友人関係などに影響が出てしまうことがあります。
 厚生労働省では、2022年度から2024年度をヤングケアラー認知度向上の「集中取組期間」とし、ヤングケアラーに関して、わかりやすく、広く関心を集めるような広報・啓発活動を実施します。

 令和4年度は以下の取組が実施されます。

1. 貫地谷しほり×元ヤングケアラー ―ヤングケアラー「ほんとのきもち」― のコンテンツ配信
2. ヤングケアラー「オンライン交流イベント」の開催
3. レコメン!シェアリング ~学ぼうヤングケアラー~の動画配信

参考情報

ヤングケアラー 特設サイト

(厚生労働省/2022年12月22日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2023年01月31日
「全国生活習慣病予防月間」2023年のテーマは一無(無煙・禁煙)~Web講演会や生活習慣病予防啓発ポスターなど公開中~
2023年01月31日
【資料】令和4年度「全国厚生労働関係部局長会議」
2023年01月30日
令和3年度「喫煙環境に関する実態調査」の結果を公表します
2023年01月30日
2月4日は「風しんの日」 風しん対策啓発イベント「風しん理解促進Zoomウェビナー」開催
2023年01月27日
第1回 今後の仕事と育児・介護の両立支援に関する研究会【配布資料】

「地域保健」に関するニュース

2023年01月31日
【新型コロナ】休校中に生活リズムが乱れた子供は睡眠時間が減少 夜型の生活をしている子供は要注意
2023年01月30日
【職場の保健指導】生活改善プログラムでは職場の雰囲気を変えることも必要 健康支援も個別化を
2023年01月30日
男性が育児に参加すると子供の成長に良い影響が メンタルヘルス不調が減少 男性の育児参画が必要
2023年01月30日
肥満者へのオンライン生活指導は効果がある 個別化した情報提供と専門家の助言が重要
2023年01月30日
患者を介護する「家族介護者」にも医療・介護の専門職のケアが必要 健康行動の適切な助言も専門職の役割

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶