関連資料・リリース情報

学生を対象とした労働に関する調査

学生を対象とした労働に関する調査

 日本労働組合総連合会(連合)は、学生の労働に対する意識や実態を把握するために、「学生を対象とした労働に関する調査」を令和4年10月31日~11月 1日の2日間で実施し、学生(高校生、高専生、大学生、専門学校生、短大生、大学院生)の男女1,000名の有効サンプルを集計、その結果を公表しました。

 アルバイト経験がある学生のうち、「アルバイト先で労働時間や賃金などの労働条件、ハラスメント、人間関係等のトラブルにあったことがある」が32.6%であることなどがわかりました。

参考情報

連合「世論調査」

(日本労働組合総連合会/2023年 1月13日)

[保健指導リソースガイド編集部]
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶