関連資料・リリース情報

「働く世代のためのがんリテラシー向上プロジェクト」を開始

「働く世代のためのがんリテラシー向上プロジェクト」を開始

 がん患者の約3割は働く世代で罹患しています。また、「人生100年時代」を迎え、65歳以降も現役で働く高年齢層が今後増えると見込まれますが、この世代はがんの罹患リスクが高まる世代でもあります。ダイバーシティで一層の活躍が期待される女性には、乳がん、子宮頸がんといった特有のがんのリスクがあります。企業におけるがん対策の重要性は高まる一方です。

 そこで公益財団法人日本対がん協会は、企業とそこで働く人たちががんに関する正しい情報を集め、理解・活用する能力(リテラシー)の向上を支援する新事業「働く世代のためのがんリテラシー向上プロジェクト」を開始しました。

 ①企業・団体トップや健康経営、人事総務担当の皆様を主な対象とする無料オンラインセミナー
 ②職場でのがん教育に役立つLINE(無料、ただしデータ通信料は利用者負担)
 ③がんに関するリテラシーを測定するPC画面上でのテスト(有料)
 を提供し、職場におけるがんリテラシーの底上げを支援します。

(公益財団法人日本対がん協会/2023年 1月10日)

[保健指導リソースガイド編集部]
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶