関連資料・リリース情報

2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況

2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況

 厚生労働省が「2022(令和4)年国民生活基礎調査」の結果を公表しました。
 国民生活基礎調査は、保健、医療、福祉、年金、所得などの国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的に、1986(昭和61)年を初年として3年ごとに大規模な調査を、その間の各年は調査事項と対象世帯の少ない簡易な調査を実施しているものです。
 2022(令和4)年は、13回目の大規模な調査の実施年に当たり、6月に世帯票・健康票は約30万世帯、介護票は約7千人、7月に所得票・貯蓄票は約3万世帯を対象として調査し、世帯票・健康票は約20万4千世帯、介護票は約5千人、所得票・貯蓄票は約1万9千世帯を集計しました。

調査結果のポイント「健康の状況」より

がん検診の受診率は概ね横ばい
 過去1年間
  胃がん 男47.5% <48.0%> 女36.5% <37.1%>
  肺がん 男53.2% <53.4%> 女46.4% <45.6%>
  大腸がん 男49.1% <47.8%> 女42.8% <40.9%>
 過去2年間
  胃がん 男53.7% <54.2%> 女43.5% <45.1%>
  子宮がん(子宮頸がん) 女43.6% <43.7%>
  乳がん 女47.4% <47.4%>

参考情報

【報道発表資料】2022(令和4)年 国民生活基礎調査の結果を公表します

(厚生労働省/2023年 7月 4日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「調査・統計」に関する資料・リリース

2024年05月08日
感染症発生動向調査に基づく妊娠中の女性における梅毒の届出、2022~2023年
2024年04月30日
アルコール健康障害に係る地域医療連携等の効果検証および関係者連携会議の実態調査に関する研究
2024年04月25日
令和5年度「地方公務員のメンタルヘルス対策の推進に関する研究会報告書」
2024年04月25日
令和5年度「テレワーク人口実態調査」の結果
2024年04月19日
不妊治療と仕事との両立について

「調査・統計」に関するニュース

2024年05月14日
エレベーターは寿命を短くする 階段の上り下りで心筋梗塞や脳卒中のリスクが低下 簡単に取り入れられる「運動のおやつ」
2024年05月14日
若い頃の運動不足は中年になってから健康・労働力の低下に影響 若いうちにこそ身につけたい運動習慣
2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年05月13日
【フレイル予防】肥満とフレイルのある高齢者は死亡リスクが高い やせすぎの人にもリスクが 3つの質問で転倒・骨折のリスクが分かる
2024年05月13日
アフターコロナでも「マスク着用」を続ける理由は「私がつけたいから!」 周囲からの同調圧力は強くない?
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶