関連資料・リリース情報

第97回日本産業衛生学会報告:「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」

第97回日本産業衛生学会報告:
「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」

 第97回日本産業衛生学会において開催されたシンポジウム「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」のレポートが、過労死等防止調査研究センター(RECORDs)ウェブサイトで公開されています。

 本シンポジウムでは、これまで広く過重労働面談において活用されてきた疲労蓄積度自己診断チェックリストが2023年に改定されたことを受けて、その改定に携わった委員が中心になり、新版の疲労蓄積度自己診断チェックリストの開発経緯や現状、企業での活用事例や今後の課題について発表が行われました。
 その際、研究者、産業医、保健師、若手の産業医といった異なる立場の演者から「今後、職場で疲労リスク管理を今以上に推進していくには?」という共通の問いに答えて総合討論を行うというスタイルで、会場の参加者も含めて活発な議論が行われました。

シンポジウム
「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」

【座 長】

  • 下光輝一(公益財団法人健康・体力づくり事業財団)
  • 堤 明純(北里大学医学部公衆衛生学単位)

【演 者】

  • ■新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの開発経緯と今後の展望:研究者の立場から
    久保智英(労働安全衛生総合研究所過労死等防止調査研究センター)
  • ■新版疲労蓄積度自己診断チェックリスト~過重労働面接での活用と今後の展望~:産業医の立場から
    佐藤裕司(富士通株式会社健康推進本部健康事業推進統括部 )
  • ■働く人の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度チェックリストの活用と展望~保健師の立場から~
    矢内美雪(キヤノン株式会社 安全衛生部)
  • ■疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用状況と現場から見た課題:若手産業医の立場から
    田中里穂(ダイハツ工業株式会社 安全健康推進室 )

【指定発言】

  • 堀江正知(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健管理学)

参考情報

過労死等防止調査研究センター(RECORDs)

(過労死等防止調査研究センター/2024年 7月 4日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2024年07月25日
『働き方改革』(労働時間関係)の定着状況に関する調査2024
2024年07月23日
労働時間短縮に関する職場レベルでの介入および試験:スコーピングレビュー
2024年07月22日
令和6年度「薬と健康の週間」の実施について
2024年07月18日
ポータルサイト「はじめてのHPVワクチン」を開設
2024年07月18日
「令和5年度 男性の育児休業等取得率の公表状況調査」報告書(確報値)

「産業保健」に関するニュース

2024年07月22日
夏はビールの飲みすぎにご注意 アルコールは心臓病やがんのリスクを高める 男性だけでなく女性も健康リスクが
2024年07月22日
運動は認知機能を高め認知症予防に有用 ストレスによるメンタルヘルス不調を抱える人で運動の効果はとくに高い
2024年07月22日
がん発症の40%とがんによる死亡の半数は予防が可能 タバコの健康影響が大きい 肥満や過体重にも対策
2024年07月22日
健診で発見された心電図異常で将来の心血管疾患リスクが分かる 将来の重症化予防に貢献 協会けんぽ加入者のデータを解析
2024年07月18日
20〜50代の女性「メンタルの悩み言い出しにくい」2割超 令和5年度「男女の健康意識に関する調査報告書」より
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶