ニュース

看護師の求人倍率は3倍を超え増加傾向、保健師は1倍で横ばい推移

 日本看護協会は、都道府県ナースセンターに登録されている求職者や求人データを分析し、潜在看護職員の就業に関する報告書を発表した。都道府県ナースセンターは、看護職の無料職業紹介・潜在看護職の復職新事業など実施しており、2003年度から10年間のデータについて、求人倍率の推移や求職者層の変化、医療施設の求人動向などをまとめた。
求人倍率
 報告書によると、2012年度の求人倍率は2.7倍で10年間で2倍近く増加している。職種別にみると、看護師が3.17倍と最も高く、次いで助産師(2.44倍)、准看護師(1.61倍)、保健師(1.01倍)となっている。保健師はおおむね1.0倍未満で推移しているものの、看護師は右肩上がりで高くなっており、2012年度は3倍を超えている。

 都道府県別にみると、愛知県が4.11倍と最も高い一方、青森県は0.99倍と最も低くなるなど、地域差が表れている。特に、九州地方は熊本県を除く県で1倍台となっており低い傾向にある。

求職者
 求職者の傾向をみると、年代別では40代、50代がここ数年増加傾向で、20代、30代は減少傾向にある。また、年齢とともに、病院を希望する求職者が減少し、介護保険施設・事業所への希望が増えている。特に60代の約半数が介護保険施設・事業所を希望している。雇用形態別にみると、常勤を希望する求職者が減少し、非常勤・臨時雇用の希望が増え半数近くになっている。

求人
 求人を施設別にみると、病院(50.2%)、診療所(11.8%)、介護保険施設・事業所(15.7%)、訪問看護ステーション(6.0%)、会社・事業所(3.7%)、地方自治体(1.6%)などで、病院以外からの求人の割合が約半数となっている。採用希望の雇用形態をみると、常勤(63.4%)、非常勤(31.5%)、臨時雇用(5.0%)と、全体の4割ほどの割合で常勤以外の求人のニーズがある。

求職者の紹介・就職
 2012年度、求職者(63,309人)のうち、施設を紹介されたのは28.6%(18,092人)で、そのうちの66.3%(11,993人)が就職した。求職者全体からみると、18.9%が就業に結びついている。また、求職者を就業中と未就業に別けてみると、就業中の求職者の紹介率(21.5%)、就職率(12.1%)に対し、未就業の求職者は紹介率(36.7%%)、就職率(27.0%)と、現在働いていない求職者がより高い確率で就業に結びついてる。

「都道府県ナースセンター登録データ」分析~潜在看護職員の就業に関する報告~ 日本看護協会(PDF)
日本看護協会

[soshinsha]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2020年10月08日
10月8日は「糖をはかる日」ー「新型コロナウイルス感染症と糖尿病」「血糖コントロールとQOL]をテーマに Web講演会公開中(視聴無料)
2020年10月01日
【書籍プレゼント】加倉井さおり氏「勇気づけ保健指導®&健康教育ハンドブック」を10名の方に
2020年09月18日
【健やか21】AI健康アドバイスアプリを利用した肥満妊産婦への共同研究を開始(国立成育医療研究センター・リンクアンドコミュニケーション社)
2020年09月15日
【レポート】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」開催報告!
2020年09月03日
【9/8開催】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」※見逃し配信決定!
2020年08月24日
メタボへの関心は腹囲測定から!「腹囲メジャー」決算セール実施中♪ ~健診やイベントの配布用にも~
2020年06月11日
保健指導リソースガイド「第1回オンラインセミナー」開催報告
2020年05月26日
保健指導の情報提供に大活躍!「健診・予防3分間ラーニング」をYouTubeにて公開
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶