ニュース

「健康食品と医薬品の併用」半数は医師に伝えず 機能性表示食品の1年後

 機能性表示食品制度が2015年4月に始まり1年が経過した。医薬品に似た機能を掲げた食品・サプリメントが増えているが、一般市民の理解は追い付いていない。これを受けて「くすりの適正使用協議会」が行ったインターネット調査で、機能性表示食品や医薬品の使用について誤解や間違った理解が多いことが示された。

 調査は今年2月に行われ、対象となったのは全国の20~70歳代の男女600人。そのうち機能性表示食品の使用経験者は300人であり、医薬品を一時的に使用または継続している人は385人だった。
機能性表示食品を理解していない人が7割
 保健機能食品制度は、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)食品の場合にはその機能について、また、国の定めた栄養成分については、一定の基準を満たす場合にその栄養成分の機能を表示することができる制度。

 保健機能食品には「特定保健用食品」(通称トクホ)「栄養機能食品」「機能性表示食品」がある。このうち機能性表示食品は、トクホや栄養機能食品に続く、第三の機能性表示制度として2015年4月に始められた。

 機能性表示食品は「事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品」だが、くすりの適正使用協議会の調査では機能性表示食品について理解していない人が69.5%に上ることが明らかになった。

 また、健康食品と薬剤を併用した場合、相互作用に影響することがあるため、健康食品を摂取する場合は医療従事者への相談が求められる。しかし、薬剤を継続的に使用している人の約半数は、医師に健康食品との併用を伝えていないことが分かった。

 医療従事者に健康食品と医薬品の併用を伝えない理由としてもっとも多かったのは、「特に伝える必要がないと感じたため」(70.6%)であった。「自分の病気や薬とは関係ないため」(23.5%)、「面倒だったため」(17.6%)、「医師・薬剤師に健康食品を使っていることを知られたくないため」(2.9%)だった。
2人に1人が健康食品と医薬品の併用を医療従事者に伝えたことがない
半数以上が「健康食品には副作用がないと思う」と回答
 また、健康食品の副作用については「副作用がないと思う」「分からない」と回答したのは、全体の55.9%を占めた。健康食品の目安量については「医薬品ほど効き目が強くないので、記載されている目安量より多く摂取しても問題はない」「分からない」と回答したのは、全体の40.3を占めた。
健康食品に「副作用がある」ことを理解していない人が半数以上
 機能性表示食品の使用経験がある人の中には、「薬に比べ副作用が少ないため」(8.7%)、「病気の治療のため」(3.7%)、「現在服用している薬の足しにしたいと思ったため」(2.3%)など、同食品の本来の目的(健康の維持および増進に役立ている)を逸脱している人が一定数いることも分かった。

 今回の調査結果ついて、くすりの適正使用協議会は「健康食品全般や機能性表示食品、そして健康食品と医薬品との違いに関する理解はまだまだ低いことが分かった。健康食品を医薬品と併用した場合は相互作用の可能性があるため注意が必要となる。患者が健康食品を摂取する場合、医療従事者に確認しながら適切に利用することが重要だ」と述べている。

くすりの適正使用協議会
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月21日
高齢者の転倒にはこうして対応 原因と対策を科学的に検討 日本老年医学会などが「施設内での転倒に関するステートメント」を公開
2021年06月16日
全粒穀物が肥満やメタボのリスクを低下 低炭水化物やプラントベースのダイエットにも質の良い炭水化物が必要
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶