ニュース

福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」

 福岡市が「福岡100~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~」を発表した。「人生100年時代」の到来を見据えた100のアクションを2025年までに実施する。
保健医療分野における新戦略「福岡100」を開始
 日本の高齢化が急速に進む中、高齢者介護に携わる人材の不足が深刻な課題となっている。団塊の世代が一斉に75歳以上になる2025年には、全国で38万人が不足すると国は試算。必要なケアが受けられない高齢者が大量に生まれることが危惧されている。

 そうした事態を地域全体のケア力を高めることで乗り切ろうとする試みが、福岡市で始まっている。同市は、保健医療分野における新戦略「福岡100」を開始。寿命延伸に伴う「人生100年時代」の到来を見据え、誰もが100歳まで健康で自分らしく生き続けられる持続可能な社会システムの構築を実現すべく、100のアクションを2025年までに実施する。

 同市は、2016年3月に開催された厚生労働省主催の「保健医療2035シンポジウム」で、「保健医療2035推進シティ」の第1号として名乗りを上げるとともに、2017年3月に「福岡市健康先進都市戦略」を策定した。福岡100は、この戦略にもとづくもの。
認知症ケア「ユマニチュード」 コミュニケーションが劇的に改善
 この戦略にもとづく先行事業として、認知症の先進的ケア技法である「ユマニチュード」の実証実験を実施。政令指定都市がまちづくりおよび高齢化対策の一環として、ユマニチュードを取り入れることは国内初の試みだ。

 ユマニチュードは、知覚・感情・言語によるマルチモーダル・コミュニケーションケア技法であり、「見る」「話す」「触れる」などの実践的技術で構成される。フランスではユマニチュードの研修制度があり、400以上の施設でユマニチュードが全面導入されている。

 ユマニチュードには「顔の正面から同じ高さで目を合わせる」「何をしているか実況するように伝える」「腕を上からつかまず、必ず下から支える」などの確立された具体的な技術が含まれており、この技術を用いてケアを行うと、認知症の行動・心理症状としてしはしばみられる暴言・暴力などの症状が起こりにくくなることが知られている。
デジタル技術を駆使して「地域包括ケアシステム」を構築
 福岡市は、ICT(情報通信技術)を活用した「地域包括ケア」も実施。​住まい・医療・介護・予防・生活支援サービスを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」を構築するために、ICTを活用した情報通信基盤「地域包括ケア情報プラットフォーム」の構築を中心とした「care4FUKUOKA」(ケアフォーフクオカ)プロジェクトを立ち上げた。

 市民・団体が楽しみながら健康増進に取り組めるような、新しい製品・サービスを生み出す市民参加型健康プラットフォーム「福岡ヘルス・ラボ」も立ち上げた。

 ICTを活用した「かかりつけ医」機能の強化にも乗り出している。​​​『ICTを活用した「かかりつけ医」機能強化事業推進ワーキンググループ』は、平成29年に市内11医療機関の参加を得て事業の実証を開始。 診療時間の効率化や医療の質の向上を図るため、ICTを活用しオンラインで医師と患者をつなぐことにより、地域の医療介護に貢献する「かかりつけ医」機能の強化を目指している。

 この事業では、オンラインで医師と患者をつなぐことにより市民の皆様が自宅等に居ながら、「自身の健康を気遣い予防できること」「不安があるときにかかりつけ医に相談できること」「受診が困難な場合でもかかりつけ医と繋がり治療を継続できること」の実現を通じ、年齢を重ねても、健康不安を抱えても、安心して暮らすことができる地域 社会づくりに向けた次世代の地域医療インフラの確立を目指すという。
平均寿命と健康寿命のギャップを減らすことが課題
 健康・医療・介護分野に挑戦するスタートアップを「ケア・テック・ベンチャー」と位置付け、支援する枠組みとして「ケア・テック・アライアンス(コンソーシアム)」も創設する。

 前述の「福岡ヘルス・ラボ」と連携し、オープンイノベーションにつながるアイデアソンやマッチングイベントなどを実施することで、ICTなどを駆使したケア・テックの開発・事業化を促進する。

 福岡100の開始に合わせて開催された記者会見で、同市長の高島宗一郎氏は「100歳まで生きられる現代では、平均寿命と健康寿命のギャップを減らしていくことが一番の課題。そのギャップを埋めるべく、『福岡100』ではさまざまな支援・取り組みを行っていく。高齢化していく人類の大きな一歩になると期待している」と説明し、「国に先駆け、『日本一元気なまち』福岡から社会を変えていく」とコメントした。

福岡100~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~(福岡市)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月01日
※※テストページです※※【よろず相談センター】実際に届いた相談内容をご紹介(1)
2020年10月08日
10月8日は「糖をはかる日」ー「新型コロナウイルス感染症と糖尿病」「血糖コントロールとQOL]をテーマに Web講演会公開中(視聴無料)
2020年10月01日
【書籍プレゼント】加倉井さおり氏「勇気づけ保健指導®&健康教育ハンドブック」を10名の方に
2020年09月18日
【健やか21】AI健康アドバイスアプリを利用した肥満妊産婦への共同研究を開始(国立成育医療研究センター・リンクアンドコミュニケーション社)
2020年09月15日
【レポート】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」開催報告!
2020年09月03日
【9/8開催】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」※見逃し配信決定!
2020年06月11日
保健指導リソースガイド「第1回オンラインセミナー」開催報告
2020年05月26日
保健指導の情報提供に大活躍!「健診・予防3分間ラーニング」をYouTubeにて公開
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶