ニュース

【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター

<PR>
 医療法人社団せいおう会 鶯谷健診センターでは、特定保健指導はじめ、健診事後指導、各企業様の健康相談やメンタル対応などを担う保健師を募集している。同センターでは、必要なスキルアップの為の研修は、ほぼ公費で参加できるなど、研修制度の充実・人財育成に力を入れている。

医療法人社団せいおう会 鶯谷健診センターの求人情報
生活習慣病健診エントランス


人間ドック採血コーナー

▶ 募集職種/雇用形態
保健師
(1)正社員 (2)パート

▶ 応募資格
保健師免許
保健師経験(年数は問いません)
基本的PCスキル(Word・Excel・Powerpoint)

▶ 主な仕事内容
(1)正社員
 特定保健指導をはじめ、労災二次健診保健指導、各企業の健康相談やメンタル対応、企業の健康管理委託事業、各種健康セミナーなど保健師の能力を十分に生かせる業務内容、健康診断受診者への受診後結果及び保健指導

(2)パート
 健康診断受診者への受診後結果及び保健指導

▶ 給与・各種保険など
(1)正社員:月給25万円以上、社会保険完備
(2)パート:時給3,500円

▶ 勤務時間
(1)正社員:通常8:30~17:00/月2回土曜日出勤/訪問指導時は勤務時間の変動あり
(2)パート:10:00~16:00

▶ 研修制度
 必要なスキルアップの為の研修は、ほぼ公費で参加でき、関連学会の参加、公衆衛生学講座准教授による統計研究の個人授業など人材育成に非常に力を入れています。

▶ 採用担当からのコメント
 健診センター(並びに産業保健振興会)では、企業、健康保険組合の様々な業種や職種の方を中心に特定保健指導はじめ、労災二次健診保健指導、健康相談、栄養指導、各種健康セミナー、ストレスチェック、産業医事業等を行っています。
 保健師・管理栄養士・専任事務含め20名弱の部署です。20歳代~30歳代の若いスタッフが多く、仲良く明るく優しいチームです。特定保健指導当日初回面談は都内有数の実績を持ち、継続支援率95%前後の維持も、チーム一丸となって取り組んでいる結果だと思います。経験が少なくても先輩保健師が丁寧に教育サポートしていますので、ご安心ください。
 働く環境が大きく変化している今、産業保健事業のニーズは益々高まっていると感じています。保健師の必要性、果たす役割も大きくなっているこの時に、是非私たちと一緒に働く人の支援をしてみませんか?
 産業保健に熱い思いをお持ちの方、もっと学び経験を積みたいという方、お気軽にお問合せください。

医療法人社団せいおう会 鶯谷健診センターの
求人情報の詳細、お問合せ・応募申込はこちらから ▶

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶