ニュース

「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開

 順天堂大学スポーツ健康科学部は、少食・運動不足でやせている若年女性が抱える健康リスクに対し、スポーツ健康科学のアプローチで解消することを目指したエクササイズ動画を作成し公開を開始した。

 これまでにあまり運動習慣がなかった女性をターゲットに、自らもトップアスリートであり、女性アスリートの健康に関心を寄せてきた同学部の室伏由佳准教授と、アスレティックトレーナーとしてアスリートの身体に向き合ってきた門屋悠香助教が、自宅で気軽に取り組むことができるエクササイズを提案している。

女性のためのエクササイズプログラム

 日本では、やせ型[体格指数(BMI)が18.5未満は低体重(やせ)と判定される]の女性の比率が先進国のなかでもっとも高く、とくに20歳代の若い女性では、その割合が約20%と極めて高い状態にある(2019年国民健康・栄養調査)。

 肥満は世界各国に共通する大きな健康課題となっており、やせていることは「健康的で良いこと」と思われがちだが、同大学医学研究科代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターのこれまでの研究から、少食・運動不足でやせている若い女性は、肥満の女性と同じように、糖尿病の発症リスクが高いことが分かってきた。

 「やせているのは良いこと」という意識をもってしまう背景として、「やせるために食べる量を減らす」「運動不足でも、やせているから大丈夫」と考える若い女性がみられるという。

 今回のエクササイズプログラムでは、やせ女性の糖尿病リスクに影響を及ぼすと考えられる筋肉の「量」と「質」に着目し、体幹や下肢の大きな筋肉をバランスよく鍛えることを狙いとしている。

 また、運動習慣がない人でも取り組みやすくするため、スキマ時間にでき、自分の身体の状態やその日の活動量に応じて組み合わせできるようにしている。

自宅にいながら気軽に取り組めるメニュー

 エクササイズプログラムでは、エクササイズを始める前に、自分の身体の状態を把握するため、しゃがみこんだり、腕を上げ下げするような基本的な動作がスムーズに行えるか(身体の機能性)を確認する「チェック編」動画を公開。

 「チェック編」は、エクササイズを進めながら定期的にチェックすることで、自分の身体の変化を感じてもらうことも目的としている。これをもとに、自分の身体の状態やその日の気分に合ったエクササイズを選べるように、次の3つの運動強度に分けたプログラムを紹介している。

 (1)ゆったりとした強度で"しなやかな筋肉づくり"を目的した「ノビノビ・エクササイズ」、(2)ほどよい強度で"キレイに鍛える"ことを目的とした「ニコニコ・エクササイズ」、(3)しっかりした強度で"じっくり鍛える"ことを目的とした「ドキドキ・エクササイズ」で構成されている(今後も随時公開予定)。

女性の抱える健康リスクの解消を目指して、順天堂大学スポーツ健康科学部の室伏由佳准教授と門屋悠香助教が作成したエクササイズプログラム。
チェック編の動画を通して自分の体の状態をチェックし、今の自分に必要なエクササイズをチョイスすることができる。自宅にいながら気軽に取り組めるメニューとなっている。

痩せていても「糖尿病」に?!
"少食で運動不足"な女性の糖尿病リスクについて(順天堂大学)

エクササイズを続けながら定期的なチェックを

 同学部では、自分の身体の変化を感じられるように、エクササイズを続けながら定期的なチェックを勧めている

 順天堂大学のサイトでは、エクササイズの実践方法を提案した室伏由佳准教授と門屋悠香助教のインタビュー記事も公開している。

 また、やせた若い女性が気をつけたい健康づくりのポイントや運動のヒントについて、糖尿病専門医の田村好史教授(順天堂大学国際教養学部/大学院医学研究科スポーツ医学・スポートロジー/謝内分泌内科学)のインタビュー記事も公開している。

安全にエクササイズが実施できるよう3段階のチェックを導入
チェック編動画で、今の自分の身体の状態を把握

ノビノビ・エクササイズ
「肩回りの可動性UP」で"しなやかな筋肉"になることを目指す「ノビノビ・エクササイズ」

ニコニコ・エクササイズ
「体幹・ヒップ・脚をキレイに鍛える」ことを目指す「ニコニコ・エクササイズ」

ドキドキ・エクササイズ
「腕・体幹・ヒップ・脚をじっくり鍛える」ことを目指す「ドキドキ・エクササイズ」

自分の身体の変化を感じられるように、エクササイズを続けながら定期的なチェックを勧めている

順天堂大学スポーツ健康科学部

順天堂大学が公開している関連情報
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月24日
【子宮頸がん】HPVワクチンのキャッチアップ接種は必要としている女性に届く? 9年近くにわたった積極的勧奨の差し控え
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶