オピニオン/保健指導あれこれ
健診・検診

もっとよく知ろう健診機関

HSプランニング 代表、保健師
亀ヶ谷 律子

社員や住民の健康管理に対する事業主・首長の考え方は様々です。特に企業では、「財政状況が厳しいと真っ先に縮減されるのが健康管理部門」との声が聞かれることは珍しいことではありません。

企業における定期健康診断や保険者における特定健康診査は義務であり、できれば安価で効率よく済ませたいところです。

このご時世、健康診断実施機関が入札により決定されることは少なからずあり、結果として、これまでの機関との対応が異なる、これまでの機関でしてくれていたことができないと言われたなどと聞くことがあります。

プロフィール

  • 亀ヶ谷 律子
  • 亀ヶ谷 律子
    HSプランニング 代表、保健師

    経 歴

    養護教員、行政保健師経験後(公財)神奈川県予防医学協会、(公財)結核予防会、(公社)日本看護協会勤務。
    2009年HSプランニング代表。東京・神奈川を中心に中小規模事業所の健康支援事業に取り組む。

    社会活動等

    日本産業保健師会 理事
    一般社団法人 日本循環器病予防学会 評議員

    著 書

    看護職のための産業保健入門 ※共著

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告 ―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ 職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶