関連資料・リリース情報

「平成26年度地域の健康増進活動支援事業について」

「平成26年度地域の健康増進活動支援事業について」
(厚生労働省/2014年4月3日)

【目的】
 健康づくりや生活習慣病の改善に取り組む民間団体の、健康づくりの牽引役となる人材の育成やボランティアを活用する主体的かつ自由な発想に基づく事業を、公募したうえで、事例収集を行うことにより、今後の地域における健康支援施策の検討に資することを目的とする。

【概要】
 健康づくり活動に取り組む民間団体の、健康づくりの牽引役となる人材の育成やボランティアを活用する主体的かつ自由な発想に基づく取組のうち、全国統一的に展開する全国規模の事業、地域の特色や特性に沿った取組を実施する事業のそれぞれについて、国が財政的支援を行うもの。


(厚生労働省/2014年4月3日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2024年03月01日
「家族と健康」WEB版 2024年・3月号
2024年02月29日
令和4年度 健保組合医療費の動向に関する調査
2024年02月29日
【リーフレット】花粉症対策 スギ花粉症について日常生活でできること
2024年02月28日
3月は「自殺対策強化月間」です
2024年02月22日
「ヤングケアラーのひろば」(ベータ版)を公開

「地域保健」に関するニュース

2024年02月29日
女性の「やせすぎ」を啓発 特設Webコンテンツを公開 3月1日~8日は女性の健康週間(スマート・ライフ・プロジェクト)
2024年02月29日
子ども家庭庁「令和4年度母子保健事業の実施状況等」公表 進む産後うつ対策、「成育医療等方針に基づく計画」策定は5割未満
2024年02月26日
運動でメンタルヘルスを改善 すべての運動にうつ病を軽減する効果が ウォーキング・ヨガ・ダンス・筋トレを調査
2024年02月26日
子供の肥満傾向は成長してから肥満やメタボのリスクに スマホのスクリーンタイムが長い子供は高リスク
2024年02月26日
就寝時間を遅らせる癖があると睡眠が悪化 就寝を先延ばしにする習慣を測定するスケールを開発 保健指導にも活用

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶