関連資料・リリース情報

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」
(国立がん研究センター/2016年9月28日)

 国立がん研究センターは8月30日に、『受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍 -肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ』と題して、日本人の非喫煙者を対象とした受動喫煙と肺がんとの関連について、科学的根拠に基づく評価を示し、受動喫煙の防止を努力目標から明確な目標として提示した。
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160831.html

 これに対して、日本たばこ産業(株)(JT)は8月31日、同社ホームページ上において社長名のコメント『受動喫煙と肺がんに関わる国立がん研究センター発表に対するJTコメント』(以下、JTコメント)を公表した。
https://www.jti.co.jp/tobacco/responsibilities/opinion/fsc_report/20160831.html

 国立がん研究センター、JTコメントは、同センターが行った科学的アプローチに対し十分な理解がなされておらず、その結果として、受動喫煙の害を軽く考える結論に至っていると考えられるとし、同センターの見解とは全く異なるとしている。
 そこで国立がん研究センターは9月28日、科学的な立場から改めて見解を提示した。

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」
(国立がん研究センター/2016年9月28日)

(国立がん研究センター/2016年9月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「禁煙・アルコール」に関する資料・リリース

2022年03月01日
「良い睡眠で、からだもこころも健康に。」特設Webコンテンツ
2022年02月25日
受動喫煙対策推進啓発ツール
2022年01月25日
【動画公開】第302回「職域でのアルコール問題対策―『減酒』から『断酒』まで幅広く支援する」
2022年01月25日
全国統一けむい問模試 標識編
2022年01月21日
アルコールと健康に関する最新の医学情報(2020下半期)

「禁煙・アルコール」に関するニュース

2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年04月19日
「加熱式タバコ」による受動喫煙は新たな社会問題に 10人に1人以上がほぼ毎日曝露 急激に増加

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶