関連資料・リリース情報

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」
(国立がん研究センター/2016年9月28日)

 国立がん研究センターは8月30日に、『受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍 -肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ』と題して、日本人の非喫煙者を対象とした受動喫煙と肺がんとの関連について、科学的根拠に基づく評価を示し、受動喫煙の防止を努力目標から明確な目標として提示した。
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160831.html

 これに対して、日本たばこ産業(株)(JT)は8月31日、同社ホームページ上において社長名のコメント『受動喫煙と肺がんに関わる国立がん研究センター発表に対するJTコメント』(以下、JTコメント)を公表した。
https://www.jti.co.jp/tobacco/responsibilities/opinion/fsc_report/20160831.html

 国立がん研究センター、JTコメントは、同センターが行った科学的アプローチに対し十分な理解がなされておらず、その結果として、受動喫煙の害を軽く考える結論に至っていると考えられるとし、同センターの見解とは全く異なるとしている。
 そこで国立がん研究センターは9月28日、科学的な立場から改めて見解を提示した。

「受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解」
(国立がん研究センター/2016年9月28日)

(国立がん研究センター/2016年9月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「禁煙・アルコール」に関する資料・リリース

2022年11月30日
健康的なお酒との付き合い方~12のルールとは?~
2022年11月10日
第1回「飲酒ガイドライン作成検討会」の資料公開
2022年10月12日
健康日本21(第二次)最終評価報告書を公表します
2022年09月15日
2022年度版 がん征圧ポスター・禁煙ポスターが完成
2022年08月29日
疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)

「禁煙・アルコール」に関するニュース

2022年11月21日
「果物」を食べるとうつ病リスクが3分の1に減少 フラボノイドなどの果物の天然成分がうつに予防的に働く?
2022年11月17日
あなたと地球の健康のために禁煙を!~市民公開講演会・参加者募集中(参加費無料)~―全国生活習慣病予防月間2023ー
2022年11月10日
【オピニオン公開中】職域の「禁煙」を確実に進めるために―「喫煙」対策の最新情報と「禁煙」の実践紹介―
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要

関連コンテンツ

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶