関連資料・リリース情報

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
(厚生労働省/2017年7月31日)

厚生労働省は、2015年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」をとりまとめ公表した。

特定健康診査

○特定健康診査の実施率50.1%だった。前年度(2014年度 48.6%)と比べ、1.5ポイント向上した。

○特定健康診査の対象者数は約5,396万人(2014年度 約5,385万人)、受診者数は約2,706万人(2014年度 約2,616万人)。

特定保健指導

○特定保健指導の対象者数は約453万人(2014年度 約440万人)で、健診受診者に占める割合は16.7%(2014年度16.8%)。

○特定保健指導の終了者数は約79万人(2014年度 約78万人)で、保健指導対象者に占める割合は17.5%(2014年度 17.8%)と比べ0.3ポイント減少した。

※特定保健指導実施率の低下の要因としては、全国健康保険協会において、不審通信への対処のため、約1年間、協会けんぽのシステムのネットワーク接続を遮断したことにより、健診結果データをシステムに効率的に登録することができず、初回面接の件数が大きく落ち込んだことが影響しているという。

メタボリックシンドローム該当者と予備群の減少

○メタボリックシンドロームの該当者及び予備群は、2008年度比で2.74%減少。

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

(厚生労働省/2017年7月31日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2024年06月14日
「令和3年度 業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査」 「令和4年度 特定健診・特定保健指導の実施状況【速報版】」
2024年06月14日
令和5年度産業保健活動総合支援事業アウトカム調査報告書
2024年06月05日
令和5年度データヘルス計画に基づく保健事業の実態調査等事業
2024年06月03日
2022年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
2024年05月22日
化学物質リスクアセスメントに基づく健康診断の考え方に関する手引き

「健診・検診」に関するニュース

2024年06月10日
【フレイル予防】やせの人は脳卒中リスクが高い 肥満だけでなく低体重も健康リスクに 日本人5.6万人のデータを解析
2024年05月20日
高齢者の「機能的能力」を高めるために何が必要? WHOが提唱する「ヘルシーエイジング」に必要な3つの因子とは
2024年05月20日
「肥満症対策に求められる6つの提言」を発表 特定健診・特定保健指導の成果を評価 肥満症対策推進プロジェクト
2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月22日
【肺がん】進行した人は「健診やがん検診を受けていれば良かった」と後悔 早期発見できた人は生存率が高い
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶