関連資料・リリース情報

2017年度 過重労働解消キャンペーンの重点監督の実施結果

2017年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表

 厚生労働省は、2017年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果について取りまとめ公表した。
 今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死等に関する労災請求のあった事業場や若者の「使い捨て」が疑われる事業場などを含め、労働基準関係法令の違反が疑われる7,635事業場に対して集中的に実施したもの。
 その結果、5,029事業場(全体の65.9%)で労働基準関係法令違反を確認。そのうち2,848事業場(37.3%)で違法な時間外労働が認められたため、それらの事業場に対して、是正に向けた指導を行った。

(厚生労働省/2018年4月23日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年01月21日
女性活躍・両立支援に積極的に取り組む企業の事例集
2022年01月18日
エイジフレンドリー職場
2022年01月14日
日本テレワーク協会監修「テレワーク中のヘルスケア管理 快適に過ごすための10のポイント」
2022年01月13日
特別労働相談受付日における相談結果を公表
2022年01月13日
COVID-19流行開始前および開始から2021年10月までの、労働者の精神健康の推移

「産業保健」に関するニュース

2022年01月18日
肉やソーセージなどを食べ過ぎると健康リスクが上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月18日
歩くのが遅くなると高齢者のフレイル・リスクが上昇 フレイルを判定する簡便な方法に 改善して認知症も予防
2022年01月18日
歯を失うと認知症リスクが上昇 歯がなくなると男性は「人との交流」、女性は「野菜の摂取」に影響
2022年01月18日
【新型コロナ】小・中学生の体力が低下 運動時間が減少し、肥満は増加 スポーツ庁「全国体力・運動能力調査」
2022年01月17日
【新型コロナ】2回のワクチン接種を終えた⼈は8割超 ワクチン忌避につながる⼼理的要因とは?

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶