関連資料・リリース情報

「子どもの健康と発達をたばこから守る」報告書を公開

子どもの健康と発達をたばこから守る(報告書)

 このたびWHOが作成した新しい報告書「Tobacco Control To Improve Child Health And Development(子どもの健康と発達を向上させるたばこ対策)」では、子どもの健康と発達を守るために、たばこ広告の禁止、100%禁煙の環境の実現、たばこ税の引き上げなど、強力なたばこ対策の重要性について、実務家や政策立案者の意識を高めることを呼びかけています。

 胎児が母親の喫煙や受動喫煙にさらされることは、先天性異常、死産、早産、乳児死亡に繋がります。妊娠中の母親の喫煙は、乳幼児の突然死や先天性異常のリスクを2倍に高めます。同時に妊娠中の受動喫煙によっても、死産のリスクを23%、先天性奇形のリスクを13%増加させています。

 副流煙によって毎年約120万人が死亡しており、そのうち65,000人が15歳以下の子どもや青少年で、予防できるはずの早死にとなっています。喫煙者のいる家庭の子どもは、15歳になるまでに喫煙を試みる可能性が70%近く高くなります。

(WHO/2021年3月18日)

[soshinsha]

「禁煙・アルコール」に関する資料・リリース

2021年09月10日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付開始
2021年08月05日
「令和3年版厚生労働白書」が公表されました
2021年05月14日
「禁煙治療のための標準手順書-第8版-」を公開
2021年03月25日
「子どもの健康と発達をたばこから守る」報告書を公開
2020年10月29日
令和元年「国民健康・栄養調査」の結果を公開

「禁煙・アルコール」に関するニュース

2021年09月21日
夫婦で生活スタイルを共有 肥満やメタボは家族で共有しやすい 励まし合い健康改善を
2021年08月31日
賞金5万円! スローガン川柳を募集中!全国生活習慣病予防月間2022
2021年08月30日
「禁煙」はたとえ体重が増えてもやった方が良い 体重増加が5kg以内なら循環器疾患リスクは低下 日本人7万人を調査
2021年08月05日
【健やか21】「令和3年版厚生労働白書」の公表について(厚生労働省)
2021年07月07日
「若年層のがんへの支援」へるすあっぷ21 7月号

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶