関連資料・リリース情報

プレスリリース「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」

「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」

  東京医科歯科大学難治疾患研究所分子疫学分野の佐藤憲子准教授が、本学大学院医歯学総合研究科生殖機能協関学分野の宮坂尚幸教授らとの共同研究プロジェクトである出生前コホート研究BC-GENISTデータ等を解析し、妊婦の高血圧生涯リスクが遺伝的に高い場合、血管臓器である胎盤の発育低下を通じて、児の出生体重を低下させることをつきとめました。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌BMC Medicineに、2021年11月4日にオンライン版で発表されました。

(東京医科歯科大学/2021年11月 5日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年08月12日
都道府県の為の市町村保健師管理者能力育成研修ガイドライン
2022年08月12日
少子化社会対策大綱の推進に関する検討会 中間評価
2022年08月04日
周知「感染拡大に対応する都道府県への支援等及び医療機関・保健所からの証明 書等の取得に対する配慮について」
2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年08月01日
令和3年簡易生命表の概況

「地域保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月で糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶