関連資料・リリース情報

プレスリリース「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」

「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」

  東京医科歯科大学難治疾患研究所分子疫学分野の佐藤憲子准教授が、本学大学院医歯学総合研究科生殖機能協関学分野の宮坂尚幸教授らとの共同研究プロジェクトである出生前コホート研究BC-GENISTデータ等を解析し、妊婦の高血圧生涯リスクが遺伝的に高い場合、血管臓器である胎盤の発育低下を通じて、児の出生体重を低下させることをつきとめました。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌BMC Medicineに、2021年11月4日にオンライン版で発表されました。

(東京医科歯科大学/2021年11月 5日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2021年11月26日
注目すべき感染症:手足口病・ヘルパンギーナ―感染症発生動向調査 週報(IDWR)より
2021年11月26日
コロナ禍で妊婦の6人に1人が心理的苦痛を感じていることが判明 感染症への恐怖感だけでなく孤独感が関連
2021年11月26日
ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症に係る定期接種の今後の対応について
2021年11月24日
プレスリリース「妊婦の遺伝的高血圧リスクは胎盤への影響を介して児の出生体重を低下させる」
2021年11月18日
日本健康会議「2021年度保険者データヘルス全数調査」調査結果の概要

「地域保健」に関するニュース

2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン摂取を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶