関連資料・リリース情報

エイジフレンドリー職場

エイジフレンドリー職場

 少子高齢化に伴う労働力の確保や社会保障制度改革が急がれる中、働く高齢者は増加の一途をたどっています。労働災害の発生状況に目を向けると、60歳以上の死傷災害が全体の3割近くを占めるなど、高齢者の労働災害防止対策が喫緊の課題となっています。

 中央労働災害防止協会(中災防)ウェブサイトにて、高齢者の特性に配慮した職場=エイジフレンドリー職場を目指すために必要な情報が公開されています。『高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(エイジフレンドリーガイドライン)』や研修・セミナー等の情報が一覧で掲載されていますので、ぜひご参照ください。

<参 考>
高齢者の特性に配慮した「エイジフレンドリー職場」を目指して(日本産業衛生学会エイジマネジメント研究会)

(中央労働災害防止協会)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年11月29日
令和4年度 地域・職域連携推進関係者会議の開催について
2022年11月24日
12月は「職場のハラスメント撲滅月間」 対策シンポジウムも開催
2022年11月22日
「化学物質管理に係る専門家検討会」の中間取りまとめを公表します
2022年11月17日
【動画】「令和4年版 労働経済の分析」
2022年11月17日
【資料】40歳未満の事業主健診情報の活用促進に関する検討会

「産業保健」に関するニュース

2022年11月29日
【特定健診】メタボ健診はうつ病のリスク判定にも有用 メタボの要素が増えるごとにうつ判定が上昇
2022年11月29日
肥満・メタボを改善するための食事スタイル 「低炭水化物ダイエット」と「低脂肪ダイエット」のどちらが良い?
2022年11月29日
「肥満になるのは生活がだらしなく自己管理がダメな人」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月28日
【新型コロナ】流行前に比べて38%の人が体重増加 9割以上は「やせたい」と希望 肥満と肥満症の違いとは
2022年11月28日
【新型コロナ】コロナ禍のストレスや不安が子供にも影響 子供の「神経性やせ症」は減っていない

関連コンテンツ

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶