関連資料・リリース情報

コロナ禍の影響 60歳以上に顕著な傾向
受診者数、がん発見数ともに大幅減 日本対がん協会支部実績から

コロナ禍の影響 60歳以上に顕著な傾向
受診者数、がん発見数ともに大幅減 日本対がん協会支部実績から

 公益財団法人日本対がん協会が、グループ支部が2020年度に実施したがん検診の状況をまとめました。新型コロナウイルス感染症の影響で、5つのがん検診(胃、肺、大腸、乳、子宮頸)の受診者数はコロナ禍前の2019年度から約2割減、がん発見数も2~3割減となり、どちらも60歳以上で傾向が顕著になっています。

(厚生労働省/2022年 4月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「がん」に関する資料・リリース

2022年11月22日
乳がん患者さんの再発に対する恐怖をスマートフォンアプリを用いて軽減することに世界ではじめて成功
2022年11月10日
パンフレット『スポーツ医学の専門家がこたえる 乳がん治療と運動 14の疑問』
2022年10月20日
「ウィッグを買いたいと思ったら」がん患者さん向けアピアランス(外見)ケアリーフレットを公開
2022年10月04日
令和3年度【総括・分担研究報告書】事業場において治療と仕事の両立を支援するための配慮とその決定プロセスに関する研究
2022年09月29日
【がんと仕事に関する意識調査結果】がん経験者の6割が「これまでどおり」働き、3割が働き方を変更

「がん」に関するニュース

2022年12月06日
「健康寿命延伸に向けて 日本人の健康課題」へるすあっぷ21 12月号
2022年11月04日
「よい睡眠が会社を救う!?働く人の睡眠問題 」へるすあっぷ21 11月号
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月20日
がんと仕事に関する意識調査〜診断当初の不安は軽減し仕事の継続へ

関連コンテンツ

DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶