関連資料・リリース情報

慢性腎臓病に対する生活習慣改善の指導は長期の診療継続と重症化予防に効果がある

慢性腎臓病に対する生活習慣改善の指導は長期の診療継続と重症化予防に効果がある

 新潟大学の研究グループでは、2008年から3年半にわたって、全国49医師会のかかりつけ医に通院する40歳以上75歳未満の慢性腎臓病患者2,379人について、医師会ごとに、かかりつけ医による通常診療群と、専門医による定期的な慢性腎臓病診療プログラムを用いた生活指導介入群に無作為に分け、介入の効果を調査しました。
 しかしその期間では、重症化する患者は少なく、腎代替療法導入や心血管病発生などの差を捉えることはできなかったため、このほど観察期間を10年間まで延長し、長期的な介入の効果を検証しました。

 その結果、心血管病発症、腎代替療法導入、腎機能50%低下を複合した評価では、生活指導介入群の方が通常診療群よりもわずかに低い傾向があることがわかりました。
 詳しく分析すると、生活指導介入群では、心血管病の発症が有意に抑えられるとともに、腎機能低下の年間進行速度が、腎機能指標eGFR45以上60未満(正常値90以上)の患者で有意に抑制されており、かかりつけ医と腎臓専門医との診療連携も高率に行われていました。

(新潟大学/2022年 5月17日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2024年02月19日
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表します
2024年02月06日
【資料等】第14回 重症化予防(国保・後期広域)ワ-キンググループ
2024年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多』の日!~『一無、二少、三多』が、今まさに求められている~
2023年12月08日
令和3年度 健診検査値からみた加入者(40-74歳)の健康状態に関する調査
2023年11月28日
第五次国民健康づくり 健康日本21(第三次)特設Webコンテンツ

「特定保健指導」に関するニュース

2024年02月26日
運動でメンタルヘルスを改善 すべての運動にうつ病を軽減する効果が ウォーキング・ヨガ・ダンス・筋トレを調査
2024年02月26日
子供の肥満傾向は成長してから肥満やメタボのリスクに スマホのスクリーンタイムが長い子供は高リスク
2024年02月26日
就寝時間を遅らせる癖があると睡眠が悪化 就寝を先延ばしにする習慣を測定するスケールを開発 保健指導にも活用
2024年02月26日
近くの「検体測定室」で糖尿病チェック PHRアプリでデータ連携 保健指導のフォローアップなどへの活用も
2024年02月19日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動をしている人は重症化しにくい 運動不足の人は高リスク 運動習慣は大切
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶