関連資料・リリース情報

フレイルとうつ症状の併存と死亡リスク

フレイルとうつ症状の併存と死亡リスク

 医療経済研究機構は、東京大学高齢社会総合研究機構と共同で行った、フレイルとうつ症状の併存と死亡リスクに関する研究成果を発表しました。

 65歳以上の地域在住高齢者を対象とした柏スタディ注2のデータを用いて、2012年のベースライン調査におけ るフレイル状態とうつ症状の有無によって解析対象者1,920人を分類し、その後の死亡リスクを比較しました。

 その結果、フレイルとうつ症状のいずれもない集団に比べて、うつ症状の併存がないフレイルの集団で約2.5倍、 うつ症状が併存したフレイルの集団で約4.3倍、死亡リスクが高いことがわかりました。一方で、フレイルなしおよ びプレフレイルの集団では、うつ症状の有無にかかわらず、死亡リスクとの関連はみられませんでした。

 本研究により、ハイリスク集団であるうつ症状を併存したフレイルの集団を特定することは重要であると考え られ、健康診断や日常診療にフレイルやうつ症状のスクリーニングを取り入れる必要性があることが示唆されま した。

(医療経済研究機構/2024年 1月 5日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「メンタルヘルス」に関する資料・リリース

2024年02月28日
3月は「自殺対策強化月間」です
2024年02月15日
毎年9月と3月は東京都自殺対策強化月間です!「第34回 自殺防止!東京キャンペーン」
2024年02月01日
全国生活習慣病予防月間2024 市民公開講演会(Web講演会)
2024年01月30日
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」サイトアンケートモニター募集
2024年01月11日
フレイルとうつ症状の併存と死亡リスク

「メンタルヘルス」に関するニュース

2024年02月26日
就寝時間を遅らせる癖があると睡眠が悪化 就寝を先延ばしにする習慣を測定するスケールを開発 保健指導にも活用
2024年02月19日
ストレスを管理できると健康と幸福が改善 仕事のパフォーマンスも向上 ストレスに負けないための2つの対処法
2024年02月15日
フレイルとうつ症状を併存すると死亡リスクが上昇 地域住民を対象にした調査で明らかに
2024年02月06日
若いときの強いストレスは年齢を重ねてから肥満や心血管疾患のリスクを高める 軽い運動により健康リスクは減少
2024年02月05日
中年期に生活スタイルが健康だった人は認知症リスクが低下 バランスの良い食事が大切 年齢を重ねても生き生きと
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶