関連資料・リリース情報

広報資料「みんなに知ってほしい飲酒のこと」
(健康に配慮した飲酒に関するガイドラインについて)

みんなに知ってほしい飲酒のこと(広報資料)

 厚生労働省では、飲酒に伴うリスクに関する知識の普及の推進を図るため、国民それぞれの状況に応じた適切な飲酒量・飲酒行動の判断に資する「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を作成、公表しています。

 このほど、広報資料「みんなに知ってほしい飲酒のこと」が公開されました。
 自身の飲酒習慣をチェックするためのリストや、「お酒の影響を受けやすい3つの要因」が掲載されています。

(厚生労働省/2024年 4月 4日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「アルコール」に関する資料・リリース

2024年04月30日
アルコール健康障害に係る地域医療連携等の効果検証および関係者連携会議の実態調査に関する研究
2024年04月05日
広報資料「みんなに知ってほしい飲酒のこと」(健康に配慮した飲酒に関するガイドラインについて)
2024年03月12日
イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2024
2024年03月05日
標準的な健診・保健指導プログラム(令和6年度版)
2024年02月19日
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表します

「アルコール」に関するニュース

2024年05月13日
所得が低い人ほど高血圧が多い 男性は飲酒と肥満、女性は肥満が影響 運動不足も 効果的な保健指導が必要
2024年04月22日
職場や家庭で怒りを爆発させても得はない 怒りを効果的に抑える2つの方法 「アンガーマネジメント」のすすめ
2024年04月15日
血圧が少し高いだけで脳・心血管疾患のリスクは2倍に上昇 日本の労働者8万人超を調査 早い段階の保健指導が必要
2024年04月01日
「都市の緑化」はメンタルヘルスを向上 睡眠が改善しストレスやうつ病も減少 緑を増やすと熱中症対策にも
2024年04月01日
睡眠は運動を週に2~3回行うと改善できる 良い睡眠をとれていないと体感的な年齢は10歳も老ける
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶