ニュース

2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度

 このたび保健指導リソースガイドは、保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度をまとめた「保健指導アトラス」を2021年版に対応し、公開しました。
 幼年期~高年期まで、相談に訪れる各年代の方々に関係が深いと考えられる法律・制度を一覧にし、原文まで確認できる構成です。
 「保健指導アトラス」はこちら

「保健指導アトラス」とは?

 住民や労働者との面談の際、国の制度や保障等について質問を受けたときに、専門分野以外については即答できなかったことはありませんか?

 また、行政サービスの手続きは「申請主義」であるため、自らが関連する様々な所にそれぞれ手続きをする必要があり、本人が申請しない限り受けられない仕組みになっていることが多く、受ける側にとって親切とは言い難いのが現状です。

 そのため私達専門職は、面談や保健指導を実施するに当たり、様々な制度やその申請方法等について、参考になる情報のありかを知っておき、いつでも出せるよう手元においておくことが望まれます。

 そこで、相談に訪れる各年代の方々に関係が深いと考えられる法や制度を一覧できるように「保健指導アトラス」を制作しました。

保健活動の実施において

 日々の保健活動を行う上で、特に私たちに関係の深い法律については、法律の原文に当たり、目的を確認し、何が書かれているのか、全体を一読しておくことをおすすめします。

 それぞれの事業に対する関係機関等への書類提出や報告書作成を、単に「決まり事だから」として行うのではなく、常に関連法令全体とそれぞれの事業との関連性を考えながら進めることが重要です。

 そうすることにより、各企業や事業所または自治体それぞれの実情にあった活動の展開を図り、時には事業の効率化や効果のある事業の推進につなげる視点で検討できるからです。

 また、法に基づいたサービスが無理なく受けられるよう、職域の場合は、職場の理解が得られるための仕組みづくりを、人事等の担当者と共に整備しておく必要があります。なお、それぞれの法律については今後も最新情報を掲載していく予定です。

 保健指導リソースガイドをご利用の皆さまと良いものに作り上げていきたいと考えていますので、お気づきの点がありましたらお知らせいただければ幸いです。今後とも、応援のほど何とぞよろしくお願いいたします。

保健指導アトラス
[保健指導リソースガイド編集部]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2022年10月20日
がんと仕事に関する意識調査〜診断当初の不安は軽減し仕事の継続へ
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年09月12日
【募集終了】日本産業保健師会「新任期産業保健師養成研修」および「産業保健師リーダー養成研修」開催について
2022年09月07日
【抽選でAmazonギフト500円プレゼント!】
保健指導リソースガイドご利用者様向けアンケート
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年07月11日
乳がんのマンモグラフィ検診 女性の半数は偽陽性を10年間で1回は経験 実はほとんどは陰性
2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月23日
【オピニオン公開中】高齢者の特性に配慮した「エイジフレンドリー職場」を目指して
2022年05月12日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について IFLレポート
2022年04月27日
IFLオーストラリア ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(5)
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶