ニュース

大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局

 今春、小学校に入学する子どもたちの保護者に向け、3月31日までに、麻しん(はしか)・風しんワクチンの2回目の接種が呼びかけられている。


 大人の中にも風しんの十分な免疫を持っていない人が多く、平成24年から25年にかけては大流行して社会問題となった。

 妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが目や耳、心臓などに障害のある「先天性風しん症候群」にかかるおそれがあることから、東京都福祉保健局では大人を対象に、風しん抗体検査やワクチン接種も呼びかけ、助成事業(全額または一部)の周知をはかっている。

 東京都感染症情報センターの疾病集計による風しんの報告数は2019年は2,298人が報告されたが2020年以降は 再び報告数が減少し、2020年は101 人、2021年は 12人(暫定値)で、全数把握開始以降で最低の累積報告数となった。しかし、ワクチンで予防できる病気であるのにも関わらずゼロにはなっていない。

 東京都福祉保健局の担当者は、大人は助成制度を利用して、積極的に風しんの抗体検査や予防接種を受けてほしいとしている。

都内の麻しん風しん定期予防接種実施状況
[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年08月04日
「発達障害への理解と職場での対応」へるすあっぷ21 8月号
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶