オピニオン/保健指導あれこれ
禁煙指導のかんどころ

No.1 第7回日本禁煙科学会学術総会に参加して

勤労者健康科学研究所
斎藤 照代
 2012年11月17日・18日、岩手県盛岡市で「第7回日本禁煙科学会学術総会」が開催されました。

 「日本禁煙科学会」とは、「日本禁煙学会」と並ぶ日本の2大禁煙学会の一つであり、ヘルスプロモーションに基づいた政策提言の基礎となる幅広く質の高い禁煙研究を推進するために2006年に設立された学会です。現在の理事長は、奈良女子大学教授で禁煙マラソン主宰でもある高橋裕子先生です。2012年は震災の記憶がまだ新しい東北がその開催地に選ばれました。

 保健指導者がそのスキルを高めるうえで学会への参加は、極めて重要であると考えられます。なぜなら医療は、日進月歩であり日々新たな知見が生まれ指導者である私たちは当然、その最新の知見に基づく対応が求められるからです。

 また自身の日々の取り組みを振り返り、そこから役立つ知見を発見しテーマを持って研究に取り組むことも保健指導者の資質を高めていくうえで欠かせないことの一つであると言えるでしょう。学会は、最新の情報提供の場であり、専門的な問題を高いレベルで議論する場でもあります。

 その意味で言えば、およそ喫煙と健康の問題ほど科学的根拠がまとめられているものはないと言えるでしょう。私も、ほぼ毎年、本学会に参加し研究発表等を含め自らの禁煙支援のスキルアップに務めています。

 2012年の本学会で特に興味深かったのは、今後の日本の喫煙対策の方向性を取り上げたセッションでした。まずは厚労省のたばこ対策専門官より、2013年よりスタートする第2次「健康日本21」において初めて成人喫煙率の数値目標が設定されることとなったとの紹介がありました(図1)。

※図1 (画像をクリックすると大きいサイズの図(PDF)が開きます)

「禁煙指導・アルコール」に関するニュース

2021年06月07日
【新型コロナ】タバコが新型コロナを重症化 喫煙者も6割が喫煙所の閉鎖に賛成 国立がん研が調査
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月26日
20歳以降の「体重10kg以上増」は高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・メタボと関連 日本人3万人超を調査
2021年05月25日
余命を縮める最大の原因は喫煙と糖尿病 健康的な食事と運動などの生活スタイルは人を幸せにする
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年04月05日
「健康無関心層を巻き込む 健康支援のキーワード」へるすあっぷ21 4月号
2021年03月04日
「新常態の働き方を考える」へるすあっぷ21 3月号
2021年03月02日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年02月24日
健康寿命を伸ばすための10の方法 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月03日
コロナ禍と休養!「全国生活習慣病予防月間2021」Web講演会(無料、プレゼント有)がスタート!
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶