オピニオン/保健指導あれこれ
禁煙指導・アルコール

禁煙指導のかんどころ

勤労者健康科学研究所
斎藤 照代

2006年診療報酬改定により、ニコチン依存症患者への禁煙治療が保険適用となりました。

その施設基準として医師とともに禁煙専属看護職の配置が挙げられており、対象者を全人的に捉え気持ちへも配慮する保健看護職の基本概念は禁煙支援においても大きな力を発揮すると期待されています。

本稿では筆者のこれまでの禁煙支援への取り組みを紹介するとともに禁煙支援の魅力とポイントもご紹介できたらと思います。

プロフィール

  • 斎藤 照代
  • 斎藤 照代
    勤労者健康科学研究所

    資 格

    労働衛生コンサルタント、キャリア・ブレーン認定コーチ

    所属学会

    日本職業・災害医学会、日本産業衛生学会、日本公衆衛生学会、日本禁煙科学会、日本禁煙学会、日本公衆衛生看護学会

    役員・委員

    東京都健康推進プラン 特定健診・特定保健指導部会評価戦略委員(H18-H20)、日本公衆衛生看護学会評議員、日本産業保健師会幹事

    著書・DVD

    「今、禁煙がトレンディー」(サンライフ企画、2004年)
    「今こそ禁煙のチャンス!」(サンライフ企画、2005年)
    「職長のためのいきいき健康講座」(労働調査会、2009年)
    「メタボリックシンドローム予防解消ハンドブック」(労働調査会、2008年、共著)
    「1に運動2に食事しっかり禁煙最後にクスリ」(DVD、健康体力づくり事業財団、2009年、共著) 「メンタルヘルス基礎研修ツール」(DVD、東京産業保健推進センター、2012年、共著)

「禁煙指導・アルコール」に関するニュース

2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年04月19日
「加熱式タバコ」による受動喫煙は新たな社会問題に 10人に1人以上がほぼ毎日曝露 急激に増加
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶